YZF-R1の系譜

FZR1000(2GH/3LK/3LG)-since 1987-

FZR1000

ものすごい早さで勢いを増し欧米にまで飛び火したレプリカブームに対応すべくヤマハがFZ750に変わって投入したのがFZR1000。FZR400に次いで登場したヤマハ4stレーサーFZRシリーズの長男坊でもあります。

 

エンジンのベースは前述したFZ750のボアアップだけど、ここで登場するのが今でも続く伝統初代デルタボックスフレームと排気デバイスのEXUP(二代目1989年3GMモデル)という機能。

1987年式FZR1000

そんなFZR1000の特徴を表してるのがワンピースシート。これのおかげでタンデムも熟せるツアラー性も非常に高いバイクに仕上がってる・・・そう、ヤマハはGSX-R750やCBR900RRといったスーパースポーツが出ようと、たとえソレが人気を呼ぼうと絶対にカリカリなスーパースポーツは作らなかった。

フォルムはレプリカ、でも中身はスポーツツアラー。

1987GSX-R1100

当時ビッグバイクの概念を覆し世界中を騒がせたGSX-R750そしてGSX-R1100はFZR1000開発陣にとっても衝撃的で開発に大きく影響を与えられたと言っています。

しかしテストしてみるとあまりにも敏感でクイック過ぎる特性が自分たちの目指す所とは違うという事を再確認。

95年の生産終了までブレること無く

「FZR1000の目指す所はセカンダリーロードを楽しく走れるバイク」

というコンセプトを貫き通す事になりました。

 

ちなみにモデルチェンジの経緯を端的にまとめると

 

初代1987年~

1987年式FZR1000

FZR1000Genesisとも呼ばれるモデル。

逆車135馬力204kgとスーパースポーツなポテンシャルは持ってるものの、乗り味は非常にジェントル。

 

二代目1989年~

二代目FZR1000

エアーインテークがライト下に移動、更にシリンダーの角度が45度から35度まで上昇、EXUPの採用で145馬力にまでアップ。

 

三代目1991年~

三代目FZR1000

倒立フロントフォークと共にヘッドライトが左右非対称性の異型になった少し異質な三代目。

 

四代目1994年~

FZR1000

タイガーアイを採用と6pot化ブレーキキャリパーを採用した最終型。ここまで来るとR1の面影があるような・・・ないような。

 

となってます。

ぶっちゃげると日本では本当に人気がなかったです。

 

開発陣が

「ヨーロッパのセカンダリーロードを気持よく走れるバイク」

と掲げていた通り、このバイクは欧州をターゲットにしていたからに他ならない。

 

エンジン:水冷4サイクルDOHC4気筒
排気量:1002cc
最高出力:145ps/10000rpm
最大トルク:10.9kg-m/8500rpm
車両重量:208kg(乾)

ページ上に戻る後継モデルへ>>

系譜図

fz750 1985年
FZ750(1FM)
fzr1000 1987年
FZR1000(3GM/3LK/3LG)
yzf1000r 1996年
YZF1000R Thunder Ace(4SV)
4xv 1998年
YZF-R1(4XV)
5jj 2000年
YZF-R1(5JJ)
5pw 2002年
YZF-R1(5PW)
5vy 2004年
YZF-R1(5VY前期)
5vy後期 2006年
YZF-R1(5VY後期)
4C8 2007年
YZF-R1(4C8)
14b 2009年
YZF-R1(14B~1KB/45B)
2012YZF-R1 2012年
YZF-R1(45B/1KB/2SG)
2015YZF-R1 2015年
YZF-R1/M(2CR/2KS)

お知らせ|更新履歴

関連コンテンツ