YZF-R1の系譜

YZF-R1(5PW)-since 2002-

02YZF-R1

「ダイナミック・コーナリング・パフォーマー」

第一世代最期のR1となる2002年登場の5PW。

2001年、RRから主役を掻っ攫ったR1だったけど160psの170kgという怪物GSX-R1000に掻っ攫われた時だった。
内容としては「ヤマハ初FIの採用」「二軸式EXUP」「各部の軽量化と剛性アップ(デルタボックスは3へ)」「サスの大径化」で2psアップと1kgの軽量化と、どちらかと言えば小変更に留まってるんだけどそれよりもまたもやルックスが騒がれた。

5PW

それは切れ込みの入ったサイドカウル。

これまでカウルといえば空力を考えられた形状一択だったというかそれが常識だった。整流の為にあるパーツなのだから当たり前といえば当たり前な話。

そんな常識を覆すとは正にこの事で、フルカウルなのにエンジンを魅せつける為かの様なサイドカウルの切れ込み、更にはエッジを効かせたテールカウルと、明らかに空力を無視した直線美のデザイン。

2002R1 LEDテールライト

これはR1はあくまでもツイスティロード最速であってサーキット最速では無いという意思表示の表れでしょう。剛性が少し上げられて比較的ニュートラルになったものの相変わらず絶対的な速さは追ってない。

 

さらにこのR1でもう一つデザインで変革が起きたんです。それはとても地味で言われないと分からないけど全体のデザインに対し大きく寄与している。

音叉マーク

・・・わかりますか?タンクに社名が入ってないんです、音叉マークのみ。先代と比べてみるとその大事さがわかると思います。

ラフスケッチ

この5PWのデザイン変化によりカウルはただの"整流パーツ"ではなく"ドレスアップパーツ"の意味合いも兼ね備えないといけない変化が起きました。

ヤマハ(GKデザイン)は「してやったり」とほくそ笑んだ事でしょうね。

エンジン:水冷4サイクルDOHC4気筒
排気量:998cc
最高出力:152ps/10500rpm
最大トルク:11.0kg-m/8500rpm
車両重量:174kg(乾)

ページ上に戻る後継モデルへ>>

系譜図

fz750 1985年
FZ750(1FM)
fzr1000 1987年
FZR1000(3GM/3LK/3LG)
yzf1000r 1996年
YZF1000R Thunder Ace(4SV)
4xv 1998年
YZF-R1(4XV)
5jj 2000年
YZF-R1(5JJ)
5pw 2002年
YZF-R1(5PW)
5vy 2004年
YZF-R1(5VY前期)
5vy後期 2006年
YZF-R1(5VY後期)
4C8 2007年
YZF-R1(4C8)
14b 2009年
YZF-R1(14B~1KB/45B)
2012YZF-R1 2012年
YZF-R1(45B/1KB/2SG)
2015YZF-R1 2015年
YZF-R1/M(2CR/2KS)

お知らせ|更新履歴

関連コンテンツ