XJR400の系譜

XJR400R(4HM中期)-since 1998-

二代目XJR400R

Rモデルに一本化された第二世代のXJR400R。

主な変更点としてはシート形状やタンク形状が変更されR2の装備だった多機能メーター、そしてエンジン見直しの一環としてピストンが変更。さらにオーリンズサスも見直されるという色々やったモデルチェンジ。

 

これ以降XJR400Rはマイナーチェンジを挟んでるから区切りが難しいんだけど、三年後の2001年にはキャブとホイールとキャリパー、そしてマフラー形状が変更されてる。MOSキャリパーになったのが特徴的だね。

2001年式XJR400R

この2001年~モデルは中期というより最終型の前期モデルと言ったほうが分かりやすかったかな。

 

ただこの頃からですかね・・・CBとの差が開き始めたのは。

CBがHYPER VTECを引き下げてフルモデルチェンジしてただでさえ人気だったのに更に人気になった。

それに対してXJR400Rはこう言うとアレだけど空冷故にちょっと地味というか渋いというか、飛び道具的な物を持ってない。オーリンズサスがあるけど、その飛び道具が効くのはベテランライダーくらいでエントリー層にはナニソレ状態だろうし。

エンジン:空冷4サイクルDOHC4気筒
排気量:399cc
最高出力:53ps/11000rpm
最大トルク:3.5kg-m/9500rpm
車両重量:179kg(乾)

ページ上に戻る後継モデルへ>>

系譜図

xj400 1980年
XJ400(5M8)
XJ400D 1981年
XJ400SP/D(5L8)
XJR400 1993年
XJR400/S/R/R2(4HM)
XJR400R 1998年
XJR400R(4HM中期)
XJR400R最終 2003年
XJR400R(4HM最終期)

お知らせ|更新履歴

関連コンテンツ