XJR1300の系譜

FJ1100(36Y) -since 1984-

FJ1100

車種が変わってここからはFJ1100
開発コンセプトは「世界最速のツアラー」

FJ1100の何が凄いって空冷で125馬力もある。でも残念ながら売れなかった。

81年にホンダの空冷モンスターCB1100R、スズキからは今でも有名なカタナがデビュー。
同年の84年にはホンダからVF1000、カワサキからGPZ900Rとオリジナリティ溢れる名車が数々生まれた黄金期。
そんな時代でオーソドックスな外見と古臭い空冷エンジンを積んだFJ1100は見向きもされなかった。

そしてトドメは翌年に同じヤマハから発売されたアルティメットマッスルVmax・・・いくらなんでも不遇過ぎる。

エンジンが現在のXJR1300に受け継がれているのがせめてもの救いか。

エンジン:空冷4サイクルDOHC四気筒
排気量:1097cc
最高出力:125ps/9000rpm
最大トルク:9.8kg-m/8000rpm
車両重量:227kg(乾)

ページ上に戻る後継モデルへ>>

系譜図

XJ650スペシャル 1980年
XJ650SPECIAL(4L6)
XJ750 1981年
XJ750E(5G9)
FJ1100 1984年
FJ1100(36Y)
FJ1200 1986年
FJ1200/A(3CC~W/3SK/4CC)
XJR1200前期 1994年
XJR1200(4KG1)
XJR1200中期 1995年
XJR1200(4KG2)
XJR1200後期 1996年
XJR1200R(4KG3/4)
XJR1300前期 1998年
XJR1300(5EA1/7)
XJR1300中期 2000年
XJR1300(5EA9~5UX9)
現行XJR1300 2007年~現行
XJR1300(5UXB~H)

お知らせ|更新履歴

関連コンテンツ