TMAX530の系譜

TMAX530(59C)-since 2013-

四代目TMAX

「Try the Maximum」

四代目になったTMAX(TMAX530と言ったほうが正しいかな)

権威あるドイツのレッドドット・デザインアワードで見事「プロダクトデザイン2012」を受賞しました。

いや確かに格好良い。格好良いとしか言えない。というか欲しい・・・話を戻して、フルモデルチェンジしたTMAXはもちろん見た目だけじゃなくて中身も大幅に変更。

エンジンを530ccまで上げ、フレームに続きスイングアームまでもアルミ化。このスイングアームのアルミ化に伴う駆動変更が今回一番の話題になりました。それはTMAXの特徴の一つであった2段掛けチェーン駆動がベルト駆動になったから。ベルトドライブ

これは騒音規制に対応する為でもあり、騒音でライダーを疲れさせないためでもあるんだけど、さすがに人気車種なだけあり一般的なベルトドライブと違い撓みがほぼ無い新開発の物。
基本的にメンテナンスフリーで、撓みがないからチェーンよりもリニアな反応がある。これらでバネ下(サスより下)を3.5kgも軽量化。バネ下の軽量はバネ上の5~10倍の効果があると言われてるから効果は絶大でキビキビさが更に増しました。

 

はてさて、このTMAX先行発売していた欧州でどうだったかと言えば2012年度販売台数一位(約16000台)を記録しました。販売台数一位というのは125cc等の原付を入れてもです。凄いですね向こうでも100万円のバイクですよTMAXって。

10年4代でまだ売れるのは凄いの一言。

XP530

書き忘れましたがこのTMAXは逆輸入モデルより国内仕様のほうがカタログスペックが上という珍しいバイクです。

これは2013年から国内の騒音規制が欧州に順従する事となった事、元々TMAXの開発コンセプトにエンジンの存在を消すという目的があった事、ベルトドライブになった事などが挙げられ、国内用マッピングに合わせた際に変わった物かと。

一年遅れで出したのもこれを汲んでかな。

TMAX_giro

あとイタリアの一番有名な自転車レース「ジロ・デ・イタリア」では伴走車として活躍したりしました。

ピンクも意外と合いますね。

エンジン:水冷4サイクルDOHC2気筒
排気量:530cc
最高出力:46[48]ps/6750[6750]rpm
最大トルク:5.3[5.4]kg-m/5250rpm
車両重量:217kg(装)
※[]内は国内仕様 ABSは+5kg

ページ上に戻る後継モデルへ>>

系譜図

SJ02J 2001年
TMAX(5GJ)
SJ04J 2004年
TMAX(5VU/14B)
SJ08J 2007年
TMAX(4B5)
SJ12J 2012年
TMAX530(59C)
2015SJ12J 2015年
TMAX530(2PW)
2017TMAX 2017年
TMAX530/SX/DX(BX3/BC3)

お知らせ|更新履歴

関連コンテンツ