スーパーテレネの系譜

XTZ750 SUPER TÉNÉRÉ(3LD/3TD/3VA)-since 1989-

XT750スーパーテネレ

「パリダカへの出場を夢見る人へ、アドベンチャーモーターサイクルを提供する」

一番最初にスーパーテネレとして登場したのがこのXT750スーパーテネレ。

まず最初に"Ténéré(テネレ)"って何?って所から説明しようと思います。ちなみに"テレネ"じゃないですよ"テネレ"です。

テネレ砂漠

テネレというのはサハラ砂漠の南西にあるテネレ砂漠のことで、トゥアレグ語で何もないという意味を指す言葉。要するに文字通り何もない砂漠。数百キロ単位で四方に何もない過酷な砂漠です。

何でそんな名前を付けたのかといえばまあ想像がつくと思いますがパリダカ(ダカールラリー)に由来するわけです。

 

ここで少し話が反れますが、ヤマハの最初のパリダカマシンをご紹介。それはXT500改です。

XT500改

このXT500をベースとしたエンデューロレーサーでヤマハはまだ二輪四輪の区分すら無かった第一回パリダカでワンツーフィニッシュ。更に第二回では表彰台独占という快挙を成し遂げました。

まさかコレが後に超ロングセラー車のSR400/500になるとは当時の誰が予想しただろ。

 

いやいやテネレの話でしたねスイマセン。

さてじゃあtenereという名前が最初につけられたのはいつかといえば1983年の事。

XT600テネレ

XT500(XT550)の後継として発売されたXT600テネレが始まりです。

実はこの時、市販車としては成功していたんだけどパリダカでは余り活躍出来ずにいました。

というのもパリダカで二気筒マシンの方が優位だという事が分かり、シングルしか持っていなかったヤマハ(XT)はそれまでの活躍が嘘のように苦戦する事に。

そんな現状を何とかしようとしたヤマハは1989年に

1989スーパーテネレ

「Ténéréには夢とロマンの歴史がある。アドベンチャー・カテゴリーは常にヤマハがリードすべき」

ということでソレまでのテネレとは別に二気筒のテネレを作りました。

スーパーテネレエンジン

「悪路を安心して走れる性能&長時間のハイスピード巡航も楽に行える性能&かつ街中でも使える使い勝手」

それらをコンセプトに作り上げられたのがこの360度クランク水冷DOHC5バルブ並列2気筒エンジンをダブルクレードルフレームに積んだXTZ750スーパーテネレというわけですね。

XTZ750スーパーテネレカタログ

もちろん翌年にこれをベースに800ccまで排気量を上げたワークスマシンのYZE750T Super Ténéréで出場。

YZE750スーパーテネレ YZE750

二年目の1991年には圧倒的な速さで1~3位を独占。ヤマハとしては10年ぶりとなる優勝、更にそこから三連覇まで成し遂げました。

ちなみに途中で紹介したXTシリーズも単気筒のテネレXT660Z Ténéré(スーパーが付かない)の方も今でも系譜は続いてます。

XT660Z

ただ今回はスーパーの方なので割愛させてもらいます。すいません。

エンジン:水冷4サイクルDOHC2気筒
排気量:749cc
最高出力:70ps/7500rpm
最大トルク:6.8kg-m/6750rpm
車両重量:203kg(乾)

ページ上に戻る後継モデルへ>>

系譜図

XTZ750 1989年
XTZ750SUPER TÉNÉRÉ
(3LD/3TD/3VA)
TDM850前期 1991年
TDM850(4EP/3VD)
XTZ850R 1995年
XTZ850R/TRX
RDM850後期 1999年
TDM850(5GG/4XT)
TDM900 2002年
TDM900/A(5PS/2B0)
XT1200z 2010年
XT1200Z
SUPER TÉNÉRÉ(23P)
XT1200ze 2014年
XT1200ZE
SUPER TÉNÉRÉ(2BS)

お知らせ|更新履歴

関連コンテンツ