スーパーテレネの系譜

TDM850(4EP/3VD)-since 1991-

TDM850

「キング・オブ・ザ・ワインディングロード」

先の初代スーパーテネレは

「悪路を安心して走れる性能&長時間のハイスピード巡航も楽に行える性能&かつ街中でも使える使い勝手」

というコンセプトで作ってはいましたが、どうしてもオンとオフの特性というのは反比例してしまう所があります。

そこでヤマハはよりオンロード寄りのテネレとしてスーパーテネレのエンジンを850ccまで拡大しスチール製のデルタボックスフレームに搭載して発売したのがこのTDM850。

スーパーテネレで狙った”長時間のハイスピード巡航も楽に行える性能”はそのままにオンロード寄りに仕上げたバイク。つまりオンロードのパリダカマシン。

TDM850black

それまでもオンロード性能を重視したアドベンチャーはあるにはあったんだけど、TDMほどオンロード重視(というかもはや割り切り)なバイクは無かった。あと当時としては独創的なスタイルも話題になりましたね。

結果として快適なオールラウンダーという評価を受け欧州を中心に6万台を売りさばくほどの大ヒットとなりました。

エンジン:水冷4サイクルDOHC2気筒
排気量:849cc
最高出力:77[72]ps/7500rpm
最大トルク:7.7[7.8]kg-m/6000rpm
車両重量:199kg(乾)
※[]内は国内仕様

ページ上に戻る後継モデルへ>>

系譜図

XTZ750 1989年
XTZ750SUPER TÉNÉRÉ
(3LD/3TD/3VA)
TDM850前期 1991年
TDM850(4EP/3VD)
XTZ850R 1995年
XTZ850R/TRX
RDM850後期 1999年
TDM850(5GG/4XT)
TDM900 2002年
TDM900/A(5PS/2B0)
XT1200z 2010年
XT1200Z
SUPER TÉNÉRÉ(23P)
XT1200ze 2014年
XT1200ZE
SUPER TÉNÉRÉ(2BS)

お知らせ|更新履歴

関連コンテンツ