スーパーテレネの系譜

TDM850後期(5GG/4TX)-since 1999-

TDM850後期

バカ売れしたTDM850の後期モデル。

外見が一新され新しくなってるけど一番の違いはエンジンがヤマハの十八番とも言える270度位相クランクに変わったこと。

これによってただでさえ「キング・オブ・ザ・ワインディングロード」だったのに鬼に金棒状態に。

 

そして一応紹介しておきたいのがTDM850後期が出る四年前の1995年に登場した腹違いならぬフレーム違いお兄ちゃんのTRX850。

TRX850(4NX)-since 1995-

TRX850

「エキサイティング・ビッグ・ツインスポーツ」

ヤマハとしては非常に珍しいというかヤマハにしか出せなかったであろう色物バイク。

プアマンズドカと言われたりする一方で、他に例がない味のあるバイクとか言われてたり。

好きか嫌いかハッキリ別れるバイクですが、偉大なバイク(エンジン)であることに間違いはないです。

TRX850カタログ

というのもこのバイクは世界初の270度相違クランクを初めて採用したバイクで、MT-07のご先祖さまでもあるわけです。

270度クランクというのは簡単に言うとパラツインながらVツインの様な特性を持つエンジンのことです。

270度相違クランク

後に最初に紹介したTDM850後期に積むことにもなったんですが、驚きなのは先に紹介したラリー用ワークスマシンのXTZ750TRX(1996年)より一年先(1995年)に採用され売られたということ。

パリダカによって生まれた270度相違クランクなのにそれより先に市販車に搭載とかよほど自信があったんでしょうね。

 

・・・ただ商業的な事を言えば結果は散々でした。欧米でも日本でも。ルックスがドゥカティの900SSに似ていた事が致命傷でした。

900SS

更には排気量が850ccとスペック競争が起きていた時代では中途半端な感じが否めず。ダブルパンチで人気も低迷。

でもその特異であり優れた特性のエンジンは実際にテストやトライアルをした英語圏の専門家の間でも好評で「忘れられた宝石」と言われてたりします。

MT-07

TRX850(TDMでもそうだけど)では残念ながら多くに認知される事はなかったけどMT-07で名誉挽回出来てよかったですね・・・一緒にするなとオーナーから怒られるかもしれませんが。

エンジン:水冷4サイクルDOHC2気筒
排気量:849cc
最高出力:77[80]ps/7500rpm
最大トルク:8.2kg-m/6000rpm
車両重量:201kg(乾)
※[]内は国内仕様

ページ上に戻る後継モデルへ>>

系譜図

XTZ750 1989年
XTZ750SUPER TÉNÉRÉ
(3LD/3TD/3VA)
TDM850前期 1991年
TDM850(4EP/3VD)
XTZ850R 1995年
XTZ850R/TRX
RDM850後期 1999年
TDM850(5GG/4XT)
TDM900 2002年
TDM900/A(5PS/2B0)
XT1200z 2010年
XT1200Z
SUPER TÉNÉRÉ(23P)
XT1200ze 2014年
XT1200ZE
SUPER TÉNÉRÉ(2BS)

お知らせ|更新履歴

関連コンテンツ