SR400の系譜

SR400(RH01) -since 2001-

RH01

さすがに21世紀にもなってドラムブレーキを採用し続ける事は安全上難しく再びディスクブレーキへ変更されたRH01型。排ガス規制でエンジンの見直しも入るなど比較的大規模なモデルチェンジが行われた。

外見は一見すると不変だが、不変を守るために技術者たちの涙ぐましいこだわりが詰め込まれている。

Engine

まずはクロムメッキのかかった綺麗なマフラーは、見えていないが内側が窪んでいる。
これはマフラーを車体ギリギリまで寄せて細く見せるため。

もう一つ、これもクロムメッキのかかったフェンダーだ。
こちらはよく見るとわかるが綺麗なRに綺麗な縁が付いている。これは生産ロスを無視していると言っても過言じゃない。

よくこんな予算が許したものだとつくづく思う。

エンジン:空冷4サイクルSOHC単気筒
排気量:399cc
最高出力:27ps/7000rpm
最大トルク:3.0kg-m/6500rpm
車両重量:152kg(乾)

ページ上に戻る後継モデルへ>>

系譜図

yx26 1967年
モトクロッサーYX26
DT-1 1968年
ヤマハトレールDT-1
trail 1970年
トレールシリーズ
XT500 1976年
XT500
2H6 1978年
SR400(2H6)
2J2 1978年
SR500(2J2)
34F 1979年
SR400(34F)
1JR 1985年
SR400(1JR)
RH01 2001年
SR400(RH01)
RH03 2010年
SR400(RH03)

お知らせ|更新履歴

関連コンテンツ