SR400の系譜

SR400(1JR) -since 1985-

SR500

なんとブレーキがディスクからドラムへ退化した二代目SR400こと1JR。これはクラシカルなデザインを望むユーザーの声に答えるため。
おそらくディスクからドラムへ変更したバイクはSRくらいなんじゃないかと思う。(エストレヤがありましたね)

それ以外の変更点はタイヤを前後18インチ化し、バックステップを採用するなどスポーツ志向に振ったもので、ドラムの採用がチグハグに感じるが、ユーザーの期待を裏切らない作りで好調な売れ行きだった。

エンジン:空冷4サイクルSOHC単気筒
排気量:399cc
最高出力:27ps/7000rpm
最大トルク:3.0kg-m/6500rpm
車両重量:153kg(乾)

ページ上に戻る後継モデルへ>>

系譜図

yx26 1967年
モトクロッサーYX26
DT-1 1968年
ヤマハトレールDT-1
trail 1970年
トレールシリーズ
XT500 1976年
XT500
2H6 1978年
SR400(2H6)
2J2 1978年
SR500(2J2)
34F 1979年
SR400(34F)
1JR 1985年
SR400(1JR)
RH01 2001年
SR400(RH01)
RH03 2010年
SR400(RH03)

お知らせ|更新履歴

関連コンテンツ