FZR250の系譜

ZEAL(3NL)-since 1991-

ヤマハZEAL

「人に優しく、人に易しい」

FZR250Rのネイキッド版にあたるZEAL。バーハンドルに変更しキレ角を上げ、ダイヤモンド型式の楕円パイプフレームに変更。フィット感はさることながらシート高735mmで足付きが更に良くなりました。

エンジンの方もバルブタイミングの変更、吸排気管の延長、キャブの見直しなどで中低速寄りに変更されています。

 

このバイクが誕生した背景として先にもチョロっと言ったけど40馬力規制によるレーサーレプリカブームの失速と、ゼファーを皮切りに始まったネイキッドブームの台頭があります。ホンダのJADE/HORNET、スズキのCOBRA、カワサキのBALIUSなどと同じ生い立ちですね。

言ってしまえばレーサーレプリカを使い回して台数を稼ごうという事なんだけど、そんな中でもヤマハのジールはかなり力を入れていた印象があります。

ジールラフデザイン

見紛う事のない車体デザインはご存知GKデザインが手がけたものなんですが「新たな価値観を持つデザイン」がデザインコンセプト。

イメージしたのは「ジャンプするイルカ」だそうです。独創的ですね。

ジールカタログ

販促の方でもジールのイメージに合うと爽やかイケメンの加勢大周を起用し、カタログのみならず青山ベルコモンズのポスターや映画「シャイなあんちくしょう」でのタイアップ宣伝までしました。

ジール広告

翌年にハンドルホルダー変更やマフラーのメッキ化などの年次改良をしたものの鳴かず飛ばずで生産終了。

4st250レプリカのネイキッド版としては一番力の篭ったバイクと思ったんですけど・・・ちなみにマフラーは2本出しのように見えますが実は繋がっています。

エンジン:水冷4サイクルDOHC4気筒
排気量:249cc
最高出力:40ps/12000rpm
最大トルク:2.7kg-m/9500rpm
車両重量:145kg(乾)

ページ上に戻る後継モデルへ>>

系譜図

FZ250フェーザー 1985年
FZ250PHAZER(1HX/1KG)
1986FZR250 1986年
FZR250(2KR/2RG)
3HX 1988年
FZR250(3HX)
3LN 1989年
FZR250R(3LN)
1KT 1991年
ZEAL(3YX)
3MA 1993年
FZR250R(3LN最終)

お知らせ|更新履歴

関連コンテンツ