FZR250の系譜

FZR250R(3NL)-since 1989-

三代目FZR250

三代目FZR250と言っていいのか、初代FZR250Rと言っていいのか、最後のFZR250の前期モデルと言っていいのか・・・・とにかくFZR250としては最後のフルモデルチェンジとなった3LNの前期型。

カウルが兄貴分である400や750と同じデザインになった事からも分かる通り準ずる造りとなり性能が大幅にアップ。

具体的に言うと最も大きな変更点はアルミデルタボックスを始めとした骨格の大幅な変更。

1989FZR250Rカタログ

これによってフレーム剛性が大幅に上がったわけですが、形状の工夫でシート高は更にダウン。そしてもう一つ挙げておきたいのは当然エンジン。

1989FZR250Rカタログ

バルブやバルブスプリングといった動弁系を中心とした軽量化、吸排気管長の短縮による高回転時の効率アップなどで18000rpmまでピークが伸びました。

1989FZR250R青

その他の変更点としてはフロントフォークの大径化に異型4POTキャリパー、ガソリンタンク容量のアップなど。ちなみに上の青は新しくなったTECH21カラーを連想させる限定色のリミテッドモデル。

 

そして合わせて紹介で申し訳ないんだけどこのFZR250Rはわずか一年でマイナーチェンジが行われてました。

1990FZR250R

一つ上のFZR400RRと足並みをそろえて同じデザインに。

変更点としてはフレームのアルマイト処理、プロジェクターヘッドライト、キャブレーター、バルブスプリングなどなど。簡単にいうと中低速レスポンスの向上が狙いです。オイルエレメントがカートリッジ式になったのが一番恩恵ありそうだけど。

 

しかしながら・・・FZR250Rで最も人気が出て最も売れたのは先代の2KRで、この3LN型は先代程売れませんでした。というのもこれはFZR250が悪いというより単にレーサーレプリカブームが去ったから。

1990FZR250R

ヤマハもなんとか売ろうと試行錯誤。当時のカタログを見ると分かるんだけどそれまでのレーサーアピールからポップなイメージに路線変更。

しかしながら20000rpmまで無駄に回るフルカウルのレーサーレプリカがポップなわけもなく・・・時代はネイキッドに移っていったわけです。

エンジン:水冷4サイクルDOHC4気筒
排気量:249cc
最高出力:45ps/16000rpm
最大トルク:2.5kg-m/12000rpm
車両重量:141kg(乾)

ページ上に戻る後継モデルへ>>

系譜図

FZ250フェーザー 1985年
FZ250PHAZER(1HX/1KG)
1986FZR250 1986年
FZR250(2KR/2RG)
3HX 1988年
FZR250(3HX)
3LN 1989年
FZR250R(3LN)
1KT 1991年
ZEAL(3YX)
3MA 1993年
FZR250R(3LN最終)

お知らせ|更新履歴

関連コンテンツ