FJR1300の系譜

FJ1100(36Y) -since 1984-

FJ1100

開発コンセプト「世界最速のツアラー」

最高速競争が始まりだした頃に出たヤマハのスポーツツアラーがFJ1100。

ヤマハはホンダやカワサキに対し四気筒のフラッグシップモデルで少し遅れを取っていた。それを挽回するために作られたヤマハの今でいうメガスポーツ車。

 

FJ1100の凄い所は空冷で125馬力もある事。当時の空冷DOHCでは最高馬力。当然ながら最高速度も最高速は235km/hに達し、CB1100・1100S KATANA・GPz1100といったライバルである空冷イレブン達を抑え見事に最速に輝いた。

 

ただ知名度の無さから分かるように残念ながら売れませんでした。
それはカタナや後に出るGPZ900Rといった性能だけでなく唯一無二なデザインまで与えられた歴史的な名車の存在があったから。

それに対し比較的オーソドックスな外見だったのに加え、水冷化の波に取り残されてしまったFJ1100は見向きもされなかった。

VMX1200

そしてトドメは翌年に同じヤマハから発売された145馬力V4エンジンのアルティメットマッスルVmax・・・性能だけでなくカタナやGPZに勝るとも劣らないデザインも完備。

そんなんだったのでFJ1100は不運というか、時代に恵まれなかった可哀想なバイクなわけです。

エンジン:空冷4サイクルDOHC四気筒
排気量:1097cc
最高出力:125ps/9000rpm
最大トルク:9.8kg-m/8000rpm
車両重量:227kg(乾)

ページ上に戻る後継モデルへ>>

系譜図

1984FJR1100 1984年
FJ1100(36Y)
1991FJR1200 1986年
FJ1200/A(3CC~W/3SK/4CC)
2001FJR1300 2001年
FJR1300/A(5JW/5VS)
2006FJR1300 2006年
FJR1300A/AS(3P6/2D2)
2010FJR1300 2010年
FJR1300A/AS(1CY/1DA)
2014FJR1300as 2013年
FJR1300A/AS(1MC/1MD)
2016FJR1300 2013年
FJR1300A/AS(B88/B95)

お知らせ|更新履歴

関連コンテンツ