FJR1300の系譜

FJR1300/A(5JW/5VS) -since 2001-

初代FJR1300

「タンデムで10日間3,000kmが可能なバイク」

その目標を掲げ、一から作り直され名前にRが付いたFJR1300。

新設計の水冷エンジンをこれまた新設計のアルミツインスパーフレームに搭載したスポーツツアラーのパイオニアです。

2001FJR1300

新設計の1298cc水冷直四エンジンにアルミツインスパーフレームにフューエルインジェクション・・・

FJR1300フレーム

これだけ書くとメガスポーツかと思うけど、ヤマハはメガスポーツの可能性よりもツアラーの可能性を求めた。

これ日本ではツアラー扱いだけど海外ではスーパースポーツツアラーとか言われててるわけで、同じバイクでも国によってジャンルが変わるなんて非常に面白いですね。

 

んでまあその選択は大正解だったわけです。

日本ではハヤブサやZZRといったメガスポーツが人気でツアラーはあんまりだから実感が無いかもしれないけど、コレが欧州で出た時はそれはもう注目の的でした。

アクセルを捻れば捻った分だけ猛々しく回り加速旋回するSSの様なスポーツさを備えつつ、タンデムでも優雅に流せるツアラーの要素も持っている欲張りなバイクだと。

FJR1300パニアケース

更にはパニアケースが標準装備だった事が旅好きのハートを鷲掴み。

こういうバイクを求めていたとヒットを飛ばし、仕舞にはベストツアラー賞まで受賞しました。

エンジン:水冷4サイクルDOHC四気筒
排気量:1298cc
最高出力:143.5ps/8000rpm
最大トルク:13.7kg-m/7000rpm
車両重量:244kg(乾)

ページ上に戻る後継モデルへ>>

系譜図

1984FJR1100 1984年
FJ1100(36Y)
1991FJR1200 1986年
FJ1200/A(3CC~W/3SK/4CC)
2001FJR1300 2001年
FJR1300/A(5JW/5VS)
2006FJR1300 2006年
FJR1300A/AS(3P6/2D2)
2010FJR1300 2010年
FJR1300A/AS(1CY/1DA)
2014FJR1300as 2013年
FJR1300A/AS(1MC/1MD)
2016FJR1300 2013年
FJR1300A/AS(B88/B95)

お知らせ|更新履歴

関連コンテンツ