シグナスの系譜

シグナス125/D/Si/SV(4KP/4TG/5CY/5NN)-since 1995-

二代目シグナス

三代目にあたるシグナス125(4KP)

このモデルからは台湾ヤマハ製造となりました。

 

えーっと、最初にオーナーの方が居たら誤っておきますゴメンナサイ。というのはヤマハらしかぬ不人気車だったから。

シグナスといえば先鋭的なデザインと上質感で長距離も熟せるゆとりあるスクーターって感じだったんだけど、台湾製になってからデザインが・・・いやまあ台湾の人からしたらこれが先鋭的なのかもしれないけどね。

しかも幸か不幸かヤマハは同年にマジェスティを出してるんです。

初代MAJESTY

「大人のセダン」

というコンセプトで言ってみればソレまでのシグナスが持っていたコンセプトの上位互換のようなバイク。しかも大ヒット。

だから原二の方はデザインより実用性だろってヤマハが判断したのかもしれない・・・

 

でもあまりの不人気っぷりからヤマハは結構テコ入れというか色々出しました。

翌年にはフロントをディスクブレーキにしたスペイシーみたいな三代目シグナス125D(4TD)

シグナス125D

そして1998年にはデザインをガラリと変えて更に実用性を高めるべくコンパクト軽量になった四代目のシグナス125Si、そして2001年にはDとSiのイイトコ取り(ディスクブレーキのSi)な五代目シグナスSVが出ました。

シグナス125SV

シグナスというよりジョグっぽいですねSiやSVって。10インチだからそう見えちゃうのかな。

これらは併売、統合などがあったので○代目というのはちょっと違うんだけどまあ細かいことは気にしないで下さい・・・

しかしこれらのモデル展開でも人気は回復すること無く、125SVが出た2年後にXへとバトンタッチされることになりました。

 

 

さてここでシグナスマニアは出てないシグナスがあることに気付かれてると思います。というか私も完全に忘れてました。

それはこのシグナス125より先の1992年に出た台湾シグナス。

その名はシグナスGT150(4DH)

シグナス150

果たして知っている(覚えている)人がどのくらい居るのか疑問ですがちゃんと日本でも発売されました。

実はこのGT150は水空冷エンジンというとってもユニークなエンジンを積んでいます。エンジンのヘッド部分は水冷でシリンダーは空冷。

 

 

それにしても、うーん・・・この頃のシグナスは良くも悪くも最もオッサン臭いシグナスですね。

というか何処らへんがはくちょう座の要素が無い。

 

 

エンジン:空冷4サイクルOHC単気筒
排気量:124cc
最高出力:10ps/7500rpm
最大トルク:1.0kg-m/6000rpm
車両重量:104kg(乾)

ページ上に戻る次のモデルへ>>

系譜図

XC180 1982年
シグナス180(25G)
XC125 1984年
シグナス125(2YM)
XC125D 1995年
シグナス125(4KP/4TG/5CY/5NN)
2003XC125 2003年
シグナスX/SR(5UA)
2007XC125X 2007年
シグナスX/SR (28S)
2013XC125X 2013年
シグナスX/SR(1YP)
2015XC125X 2015年
シグナスX SR(1YP後期)

お知らせ|更新履歴

関連コンテンツ