系譜の外側|ザンザス

XANTHUS(ZR400D) -since 1992-

ザンザス

カワサキが1992年に出した今でいうストリートファイター系ネイキッドであるザンザス。

 

エンジンはZXR400の物をベースにバルブタイミングとカム角とピストンヘッドを変更して更に低速よりにリセッティング。53ps/11500rpmというスペックを見てもらうと分かる通り凄く速いネイキッドです。

ちなみにこのバイクは2st三気筒の暴れ馬でお馴染みマッハシリーズの次男坊400SS(KH400)の4st版を作ろうと企画されたのが始まりです。

400SS

しかしカワサキはザンザスが出る三年前の1989年に皆さんご存知「ZEPHYR」を生み出し大ヒットを遂げていました。

「肩肘張らずに付き合えるジャパニーズスタンダードを再び」

として見事に狙いが成功したわけですね。

ゼファー

旧来のZを髣髴とさせるその姿に惚れた人は非常に多いでしょう。

ただカワサキはこの路線で行くのかと思ったらザンザスなんていうゼファーの対極を行くバイクを出してきたんだから驚きなわけです。

 

 

そこで少し野暮な推測、それは

「カワサキが本当に作りたかったネイキッドはゼファーじゃなくてザンザスだったのでは?」

 

という事です。

カワサキはゼファーとほぼ同時期にこのザンザスの元となるZXR400を販売します。ただこれは当時レーサーレプリカ熱がまだ残っていた時代だった事もあります。

ではそのもっと前、カワサキのネイキッドの歴史から見てみましょう。

川崎重工業を世界のKAWASAKIにしたのは紛れも無くZ1やZ2であり

「ZなくしてKAWASAKIなし」

というのは歴史から見ても紛れもない事実。

 

ゼファーやザンザスと同じクラスである400においてもカワサキの直四ネイキッドの始まりといえば1979年に出たZ400FX。

Z400FX

ドリーム400以来となる直四スポーツ400で年間販売台数トップを取った大ヒット車で、カワサキは大型に続き400でもZブランドを展開して成功を収めるわけです。そしてそこからGP~GPZとZブランドで続いていくわけです。

 

しかしいつ頃からか「Z=オールドネイキッド」という違った方向へと進んでいきます。これは初期のZが余りにも傑作であり大成功を収め神格化された事からでしょう。

そしてゼファーが売れたのもこの方向性に沿っていたから。需要に応えヒットを飛ばすことは企業としては喜ばしい事ですし、ゼファーはその需要に恥じない名車だったのも事実。

 

しかしもともとZというのは"究極のZ"という意味であって、空冷直四のオールドネイキッドを表す意味では無いんです。そう考えた時にゼファーのヒットが長期的に見てカワサキにとってプラスとなったのかと言えば微妙な所でしょう。前を向いていないものに未来はないんですから。

カワサキザンザス

そんな中で出たザンザス。何の脈略も無く、Zをかすりもしてないネイキッド。やり過ぎなほど攻めたデザインにしたのはZという名の亡霊から脱却する為かと。

結局奇抜過ぎたデザインとゼファーブームの前には人気が出ず、更にはZRX(400)というこれまたZの流れを汲んだモデルに食われる形となり僅か4年余りで生産終了となってしまいした。

 

時代が少し進んで10年後の2003年、カワサキが水冷Z1000を出したのはまだ記憶に新しいと思います。新世代のZという事でしたが、開発段階ではザンザス900という名前で進んでいました。

水冷Z1000

Z1000という商標が切れそうだった事からZ1000と名前を改められたのは有名な話ですが、それだけの理由ではないと思います。だってZのイメージを覆す事になるんですから。

 

四本出しマフラーこそZを彷彿とさせる物ですが、それよりも奇抜なデザイン。更にエンジンもZX-9Rというスポーツバイクの物。どう見てもZというよりザンザス。

ZR1000A

だからザンザスという名前で進んでたんでしょうが、このザンザス900改めZ1000をキッカケにカワサキは遂に過去のZと決別に成功しました。それはゼファーが生産終了され再販の兆しすら無いことを見ても明らかですし、カワサキが若い世代に人気が出てきているのも生まれ変わりフレッシュになったおかげでしょう。

 

 

生きながらにしてZの亡霊を祓う事は出来なかったけど、死してZに取り憑き祓う事が出来たザンザス。

何よりの功績は新生Zを見てザンザスを思い起こす人が誰もいないということ。不人気、知名度の低さから自身の影も残していない。

ZR400D

誰からも褒めれないカワサキの不人気車という括りで名前が挙がったりするザンザス。

でも今カワサキが再びZをシリーズとして推していけているのは、Zブランドは残しつつZの亡霊だけを追い払ったこのバイクあってこそです。

 

 

エンジン:水冷4サイクルDOHC四気筒
排気量:398cc
最高出力:53ps/11500rpm
最大トルク:3.7kg-m/9500rpm
車両重量:168kg(乾)

ページ上に戻る系譜の外側へ戻る次のモデルへ>>

お知らせ|更新履歴

関連コンテンツ