系譜の外側

BT1100 BULLDOG(5JN) -since 2001-

BT1100ブルドッグ

今ではFZに変わるヤマハのスポーツネイキッドとして定着したMTシリーズ。

そんな中でもMT-01を覚えてる人は多いとは言えませんが一定数は居ると思います。海外ではB-KINGと並んで日本でいう変態バイク扱いを受けてたりするわけですが、じゃあこのBT1100を覚えてる人は居るかといえばまあ居ないでしょう。

 

このバイクはドラッグスター1100のエンジンを積んだネイキッドで、発案も設計も生産もイタリアヤマハ(旧ベルガルダヤマハ)によるもの。

MT-03と同じようなものなのですが、コチラはプレストで正規取扱車として結構長く日本でも販売されました。

BT1100エンジン

見た目からしても

「ビューエルみたいなもんだろ?」

と思う方も居るかもしれませんが全然と言っていいほど違います。

BT1100リアビュー

確かにBT1100はクルーザーの空冷ビッグツインを積んだネイキッドなので鼓動感はあるけど性格は違う。

カタログを見れば分かりますがビューエル(ファイヤーボルトやサンダーボルト)ほどショートホイールベースではありませんし、かといってMT-01ほどのトルクオバケでもありません。BT1100はシャフトドライブですし。

bulldog

BT1100の狙いは何なのかって話ですが、これは

「本当に日常生活に根差したイタリアンネイキッドを作りたい」

というイタリアヤマハが作りたかっただけの様なバイク。

 

とはいうものの、ちゃんとコンセプトモデルを踏むほどイタリアヤマハも力を入れていました。

BT1100コンセプトモデル

では、なぜ売れず、なぜ誰も覚えていないのかといえばビューエルがハーレーから切られた事からも分かるように非常にニッチなカテゴリだという事もあるんですが、それに加えてブルドッグが発売された翌年に本家ヤマハがMT-01を発表したからです。

 

元々ヤマハは「鼓動コンセプト」としてMT-01コンセプトを1999年から出していました。

MT-01コンセプトモデル

しかし一向に市販化されずみんな忘れかけてた。

そしてたらまあBULLDOGが出た翌年に市販化を匂わすコンセプトモデルと発表をしたんだから驚き。

5JN

でも一番驚いたのはイタリアヤマハじゃないかな・・・このせいでBT1100は完全にMT-01の前座になってしまったわけですから。

結局MT-01が発売と同年にマイナーチェンジもしてるんだけど、どうしてもインパクトでMT-01に劣ってしまった。まあMT-01も売れてないんだけどね。

 

 

肝心のイタリアでも思ったほどの人気は出ず、排ガス規制を機にイタリアでは2006年、日本では2008年モデルをもって販売終了となりました。

5JN

・・・肝心のバイクに付いて大して何も話してませんでしたね。

BT1100がどんなバイクかといえば

 

少し回すだけですぐにゴフゴフと息を上げ

ボディもマッチョだけど速く走るのは得意じゃない

性格も見た目に反して急に牙を剥いたりしないフレンドリーさ

そして実物は想像を超える大きさと何より重さ

 

 

ブルドック

そう、まさにブルドッグ。

エンジン:空冷4サイクルSOHC二気筒
排気量:1063cc
最高出力:65ps/5500rpm
最大トルク:9.0kg-m/4500rpm
車両重量:254kg(装)

ページ上に戻る系譜の外側へ戻る次のモデルへ>>

関連コンテンツ