GSX-R750の系譜

GSX-R750(W)-since 1998-

コブ

第二世代最終モデルになる六代目のGSX-R750W。

カム形状の見直しとデュアルバタフライ式のFIを初めて採用することで馬力が135馬力に上がりました。

しかし残念な事にこのモデルからは国内仕様は廃止。逆輸入車のみに。

カタログ

少し話を逸らすと、92年モデルから水冷エンジン、一つ前の96年モデルからサイドカムチェーンになりました。

どうせ水冷エンジンを新しく作るならなんでわざわざセンターカムチェーンなんていう回り道をしたんだって話です。もう既に時代はセンターカムチェーンからサイドカムチェーンへの過渡期だったんですから。

カムチェーン

分からない人に言うとカムチェーンというのは上の赤い部分で文字通りカム(バルブ)を動かすチェーン。

エンジンが掛かってる最中にもしコレが切れたらバルブとピストンがゴッツンコで十中八九は廃車です。四輪ではタイミングベルトとか言われてます。ただ四輪の方もチェーン技術の向上で最近はチェーン採用がベターなようです。

面白いですね。バイクはずっとほぼチェーンだったけど四輪はチェーン→ベルト→チェーンと行ったり来たりしています。四輪が再びチェーンを採用にするようになったのは二輪による技術向上の恩恵なんじゃないかと思ったり・・・いやいや話したい事はそんなことじゃないです。

 

センターカムチェーンよりサイドカムチェーンが優れている部分は軸受を減らせる事による軽量化と吸気効率です。

センターカムチェーンとサイドカムチェーン

センターに障害物があるよりもサイドにあった方が吸気の邪魔にならないんですね。スペース的なメリットもあったりしますが。

じゃあなんでR750は最初センターカムチェーンにしたのって話ですが、センターカムチェーンにした理由それは・・・

「センターカムチェーンの方がエンジンが美しいから」

サイドカムチェーンというのは文字通りカムチェーンとカムチェーンを通すトンネルがサイドに来るわけです。

まずセンターカムチェーンのエンジンを見てみましょう。

センターカムチェーン

写真は油冷のものですがあまり気になさらず。それよりカムチェーンのトンネルの位置を見てください。真ん中にありますね。まあだからセンターカムチェーンというんですが。

こうなるとエンジンを右から見ても左から見ても同じ様に見えるシンメトリーなわけです。それに対しサイドカムチェーンというのはどうやってもこういう形になってしまう。

サイドカムチェーン

カムチェーンのトンネル分だけ手前側(左側)が盛り上がってるのが分かるでしょうか。サイドカムチェーン方式の場合こうなって当たり前なんですが、このアシンメトリー(左右非対称)が気に食わないという話。

「随分と変なことにこだわるなあ」

なんてみんな思ってるだろうけど、実はこのサイドカムチェーンの造形が好きじゃないという声はスズキのエンジニアに限った話じゃなく、(何の車種で言ってたかまでは失念しちゃったんだけど)ホンダやヤマハからも聞いた記憶があります。

 

一般人からしたら些細な事と思うわけですが、エンジニア達からしたら些細な事ではないんでしょうね。

GSX-R750はフルカウルでエンジンはそれほど見えないのにそれでも抵抗があるなんて。油冷エンジンの造形といいエンジンの形に一番うるさいのは実はスズキだったりして・・・

エンジン:水冷4サイクルDOHC4気筒
排気量:748cc
最高出力:135ps/12000rpm
最大トルク:8.3kg-m/10000rpm
車両重量:179kg(乾)
※スペックはフルパワー(EU仕様)

ページ上に戻る後継モデルへ>>

系譜図

85GSX-R750 1985年
GSX-R750(F/G/H)
88GSX-R750 1988年
GSX-R750(J/K)
90GSX-R750 1990年
GSX-R750(L/M/RK)
92GSX-R750 1992年
GSX-R750(WN/WP/SPR)
96GSX-R750 1996年
GSX-R750(T/V)
98GSX-R750 1998年
GSX-R750(W)
00GSX-R750 2000年
GSX-R750(Y)
04GSX-R750 2004年
GSX-R750(K4/K5)
06GSX-R750 2006年
GSX-R750(K6/K7)
08GSX-R750 2008年
GSX-R750(K8/K9/L0)
11GSX-R750 2011年
GSX-R750(L1~)

お知らせ|更新履歴

関連コンテンツ