GSX-R750の系譜

GSX-R750(WN/WP/SPR)-since 1992-

92R750

第二世代の始まりにあたる水冷化された四代目。

水冷化によってW(Water)という文字が追加されたモデルですが、実は四代目だけで水冷が公然となった以降のモデルでは付いてなかったりします。

水冷化された事から油冷は要らない子だったかといえばそうでもなく、ピストンクーラーといった油冷によって生まれた機構が水冷化されたこのエンジンでも採用されています。

92R750

さて、このモデルの特徴を挙げるとするなら最後のダブルクレードルフレームモデルということ。

皆さんご存知のようにSSといえばエンジンを挟む様に伸びるツインスパーフレームやエンジンの上を這うように伸びるバックボーンフレームが一般的で、ダブルクレードルフレームと言えばネイキッドなどの比較的性能を追わないバイクに採用されているタイプですね。

ツインチューブフレーム

写真はSSではなくメガスポのHAYABUSAですが、まあGSX-R1300みたいな物なんで突っ込まないでください。

 

R750も早々にツインスパーを検討していたんですが中々ダブルクレードルフレームを変える事が出来なかったんです。何故なら油冷エンジンと並んでアルミダブルクレードル(AL-BOX)が大成功したGSX-R750のアイデンティティだったから。

営業サイドからの猛反対を押し切り水冷化を敢行したものの「ダブルクレードルフレームだけは変えないでくれ」と懇願されたのか、フレームまで変えることはなかなか叶いませんでした。

少し辛口になっちゃうけど、最初に言った通り水冷エンジンというのは油冷エンジンよりも冷却ファンなど必要なスペースが増えてしまうためにフレームを伸ばし剛性を上げてマウント追加等をしたため四代目は車重が増加してしまったわけですね。初心を忘れたR750と凄く非難されました。

R750SPR

94年からはレギュレーションの変更に合わせるために乾式クラッチや大径キャブ、クロスミッションなど予め装備したSPモデルが登場しました。

エンジン:水冷4サイクルDOHC4気筒
排気量:749cc
最高出力:118{77}ps/11500{9500}rpm
最大トルク:7.4{6.8}kg-m/8500{7000}rpm
車両重量:208kg(乾)
※{}内は国内仕様

ページ上に戻る後継モデルへ>>

系譜図

85GSX-R750 1985年
GSX-R750(F/G/H)
88GSX-R750 1988年
GSX-R750(J/K)
90GSX-R750 1990年
GSX-R750(L/M/RK)
92GSX-R750 1992年
GSX-R750(WN/WP/SPR)
96GSX-R750 1996年
GSX-R750(T/V)
98GSX-R750 1998年
GSX-R750(W)
00GSX-R750 2000年
GSX-R750(Y)
04GSX-R750 2004年
GSX-R750(K4/K5)
06GSX-R750 2006年
GSX-R750(K6/K7)
08GSX-R750 2008年
GSX-R750(K8/K9/L0)
11GSX-R750 2011年
GSX-R750(L1~)

お知らせ|更新履歴

関連コンテンツ