GSX-R750の系譜

GSX-R750(J/K/RK)-since 1988-

88R750

1988年にフルモデルチェンジされ二代目となったR750。

改良は多岐にわたってて、カウルが新しくなったのは見て分かる通りで、更にはエンジンがショートストローク化、ホイールベースの大幅な短縮、二本出しマフラー、前後17インチ化、新型フレームなどなど。

その中でも一番凄いのはフレーム。新しくなったわけですが、ただ新しくなったわけではありません。

初期型のフレームをベースに更に軽量化しようと試行錯誤を繰り返してる中でトンデモな発想が生まれました。

それは

「もういっその事レーサーのフレームを使う方が早いし確実だな」

というもの。

元々ワークスマシン担当だったメンバーの提案で、しかもそれが結論となり、更には企画が通るっていう・・・つまりこのR750は多少の変更は加えつつもレーサー(TT-F1)の物をほぼそのまま使っちゃってるんです。

 

そして翌年に出たのが一目置かれるR750の中でも更に一目置かれるGSX-R750R(通称RKまたはSP)と呼ばれるモデル。

GSX-R750RK

パッと見はあまり変わらないように見えますが中身はほぼ別物と言える渋いホモロゲモデル。

スリングショットキャブに4to1マフラー、フレームやスイングアームに補強を追加などの専用装備がアチコチに入ってる。

でも一番凄いのはエンジン。

88年モデルがビッグボアショートストローク化(70*48.7から73*44.7)されたのはレース側から更なるショートストローク化を望む声が上がっていてそれに応える為だったんだけど、いざレースが始まるとトルク不足とオーバヒートを繰り返してしまった。

GSX-R750SP

そのため新たにレースの為に70*48.7という初代と同じボアストローク比の新造エンジンが作られ積まれてる。当然ながら先代のエンジンそのままではなく、ピストン・コンロッド・クランクなど全てが専用品かつ選別品となってるゴージャスGSX-R750というわけです。

エンジン:油冷4サイクルDOHC4気筒
排気量:747cc
最高出力:112{77}ps/11000{9500}rpm
最大トルク:6.8kg-m/7000rpm
車両重量:195kg(乾)
※{}内は国内仕様

ページ上に戻る後継モデルへ>>

系譜図

85GSX-R750 1985年
GSX-R750(F/G/H)
88GSX-R750 1988年
GSX-R750(J/K)
90GSX-R750 1990年
GSX-R750(L/M/RK)
92GSX-R750 1992年
GSX-R750(WN/WP/SPR)
96GSX-R750 1996年
GSX-R750(T/V)
98GSX-R750 1998年
GSX-R750(W)
00GSX-R750 2000年
GSX-R750(Y)
04GSX-R750 2004年
GSX-R750(K4/K5)
06GSX-R750 2006年
GSX-R750(K6/K7)
08GSX-R750 2008年
GSX-R750(K8/K9/L0)
11GSX-R750 2011年
GSX-R750(L1~)

お知らせ|更新履歴

関連コンテンツ