GSX-R750の系譜

GSX-R750(F/G/H)-since 1985-

初代R750

「Hyper Endurancer」

GSX-R750の始まりでもあり、大型スポーツの始まりでもあり、油冷エンジンの始まりでもある初代GSX-R750。

それまではレーサーくらいしか使っていなかったアルミフレームをRG250Γ、GSX-R(400)に次いで採用した量販スーパースポーツのトップエンドモデル。

 

1983年に世界耐久レースで優勝しタイトルを獲得したGS1000Rと瓜二つの外見で登場して大きく話題に。これはちょうど保安部品に対する規制が緩和されたから。

カタログ

それまではカウルすら許されなかったし、オイルクーラーなんてもってのほかでした。

つまりフルカウルなのも油冷エンジンなのも規制緩和されたおかげだったりするわけですが、凄いのは見た目がレーサーに似ているだけのハッタリではなく、そのコンパクトな油冷エンジン&アルミダブルクレードルフレームで車重が当時のライバル達よりも30kg近く軽い179kgで、馬力も107馬力(国内仕様77馬力)というもはや別次元の様なスペックを引き捧げていた事。

カタログ2

当然ながら速さはライバルとは比べ物にならないほどで、全日本ロードレース選手権においてはGSX-R750が三連覇、もはや国内外に限らず世界中で"GSX-R750じゃないと勝てない"という状況にまでなりました。

 

初代GSX-R750R

それまでの"速いけど重い"というナナハンの常識を覆した市販スポーツバイク第一号とも言える名車です。

 

翌1986年には足回りの変更が加わるとともに、優勝を記念と共にノーマルよりも更にレース向けなモデルとしてGSX-R750Rが発売開始。

GSX-R750R

市販車初の乾式クラッチ、シングルシート、タンク別体式リアショックなど豪華装備。

初の100万円超え国産車(税別105万円)となりました。

エンジン:油冷4サイクルDOHC4気筒
排気量:749cc
最高出力:107{77}ps/10500{9500}rpm
最大トルク:6.4kg-m/8000rpm
車両重量:179kg(乾)
※{}内は国内仕様

ページ上に戻る後継モデルへ>>

系譜図

85GSX-R750 1985年
GSX-R750(F/G/H)
88GSX-R750 1988年
GSX-R750(J/K)
90GSX-R750 1990年
GSX-R750(L/M/RK)
92GSX-R750 1992年
GSX-R750(WN/WP/SPR)
96GSX-R750 1996年
GSX-R750(T/V)
98GSX-R750 1998年
GSX-R750(W)
00GSX-R750 2000年
GSX-R750(Y)
04GSX-R750 2004年
GSX-R750(K4/K5)
06GSX-R750 2006年
GSX-R750(K6/K7)
08GSX-R750 2008年
GSX-R750(K8/K9/L0)
11GSX-R750 2011年
GSX-R750(L1~)

お知らせ|更新履歴

関連コンテンツ