GSX-R400の系譜

GSX-R(GK71A) -since 1984-

GSX-R

「POWER ENDURANCER」

世間がスズキのガンマに一喜一憂していたわずか一年後に出してきた秘密兵器ならぬ秘密バイク第二弾のGSX-R。そして今もなお続くスズキSSの代名詞でもある"GSX-R"という名前が付けられた最初のバイクでもあります。

ちなみにGSXの意味は
G:Grand
S:Sports
X:4Valve

です。

1984

GSX-Rと名前が付くだけあってスペックは申し分ないもの。単体重量でわずか7kgしかないアルミフレームによるクラス最軽量(乾燥重量152kg)に加えクラストップの59馬力を発揮する水冷直四を積んだとんでもない400スポーツ。

GSX-Rメーター

少し前まであった400ccの59馬力規制が生まれたのは他ならぬGSX-Rのせいです。メーターが3000rpmより下が刻まれてない事からも凄さが分かるかと。

 

そしてキャッチコピーに「POWER ENDURANCER」とある様にこのバイクもレーサーレプリカの類い。元となったのは耐久レースで目覚ましい戦績(1983年のボルドール24時間耐久レース優勝など)を残していたGS1000R。

GSX-Rハーベーカラー

そのGS1000Rと同じカラーリングを施したHBカラーも限定ながら発売。

正に400のスーパースポーツなわけでそれはもう人気を呼びました。400レーサーレプリカの先駆車です。

 

ところでなんで400という数字が入っていないのかというと

スズキ曰く

「もはやこれは400ccではない排気量を超えた速さを持っているから」

との事。

翌1985年にはキャブセッティングなどの微調整が入ってます。

エンジン:水冷4サイクルDOHC四気筒
排気量:398cc
最高出力:59ps/11000rpm
最大トルク:4.0kg-m/9000rpm
車両重量:152kg(乾)

ページ上に戻る後継モデルへ>>

系譜図

GSX-R 1984年
GSX-R(GK71B)
GSX-R400 1986年
GSX-R400(GK71F)
GK73A 1988年
GSX-R400/R/SP(GK73A)
GK76A 1990年
GSX-R400R/SP/SP2(GK76A)

お知らせ|更新履歴

関連コンテンツ