GSX-R1000の系譜

GSX-R1000(K9/L0/L1)-since 2009-

K9

五代目GSX-R1000のK9~L1

 

"GSX-R1000はどんな状況下においても、常に「走る」「曲がる」「止まる」の基本性能はNo.1であり続ける"

 

ここに来て遂にGSX-R750ベースを脱しエンジンもフレームも一からGSX-R1000専用へとなりました。むしろ10年弱も750ベースでよく最前線を走れてたなと思いますが。

K9エンジンレイアウト

エンジンが主流の三軸三角形配置の前後幅の短いレイアウトに変更され、それに伴ってフレームも新しくなり大きく変更。ホイールベースを10mm短くしつつスイングアームが33mm延長されました。

更にはこれまたメーカー最速でのBPF(ビッグピストンフォーク)採用と、相変わらず出し惜しみの無い作り。

 

でもこれが出た時は少しガッカリした人が多かったと思います。

K9エンジン

GSX-R1000といえば何よりもトップパフォーマー(最高スペック)だったから200馬力超え期待する人が非常に多かった。でも蓋を開けてみたら期待の新設計エンジンも74.5mm×57.3mmと今までの流れと同じロングストロークエンジンで馬力は据え置きだったから。

 

どうしてかと言えばスズキのGSX-R1000における開発方針の転換があったからです。

2009GSx-R1000

それまでGSX-R1000はGSX-R750から継がれてきたエンジンを中心に車体を作る手法でした。

これは設計の古さと元々750cc専用エンジンだった事から来る自由度の低さからそうせざる負えない部分があったから。それが今回のフルモデルチェンジで遂に重い腰を上げたというか予算が許された事からエンジンフレーム共にほぼ真っ白な状態、つまり一から作れる事になった。

K9テール

そうなった時にスズキはこれまでのエンジンベースの設計からフレームを始めとした車体全体のバランスを主体に考えエンジンを作るという手法に変えたんです。

 

エンジン新設計にも関わらず馬力が上がっていないのはこういう理由があるから。だから確かにスペックを見比べてもあまり違いはないんだけど、数字で表せないトラクション性能やコーナリング性能、つまりトータルバランスが非常に向上してる。

K9サイドカウル

マフラーも大きく変わりましたね・・・ってコレも好みが別れてるか。いやスズキはなんかマフラーデザインが独特というか有機的というか何というか。

相変わらず二本出しで13kgもあるんだけど車体全部見直したおかげで-5kgと結構な軽量化がされてる。

L0正面

と、まあとにかくひと目で分かるスペックを追い求めていた先々代の路線から、先代あたりでトータル性能の方向が変わってきたわけですが、このK9でそれが明確なものになりました。

スズキに一体どういう心境の変化があったのかは分からないけど。

 

 

ところで小言なんですが、改めて見てみるとこのR1000は脱スラントノーズの成功例ですよね。

K9ライト

スラントノーズっていうのは2000年代中頃に流行った壁に突き刺さりそうなほど尖ってて伸びてるアッパーカウルデザインの事。これは当時はトップスピードを求めるためにそうなってた。

ところが近年になると大事なのはトップスピードではなくコーナリングスピードだと認識が変わった。

すると今度はスラントノーズによる風の捌きがコーナリングの邪魔になると分かり何処のメーカーも顔を出来るだけ立てていったわけだけど、それまでのスラントノーズデザインと大きくかけ離れていた事から色々と批判されました。

スラントノーズをやっていたのはGSX-R1000も勿論そう。そしてこの型からスラントノーズを完全に止めた。

ところが誰がどう見ても新しくなったGSX-R1000にしか見えない。実際顔は先代より潰れてるのに潰れてる印象をほとんど受けない。

カタログ写真

縦目と相性が良いのか、スズキの巧みなデザインによってそういう印象を与えないようにしてるのか分かりませんが脱スラントノーズ世代としては非常に纏まった顔つき。

エンジン:水冷4サイクルDOHC4気筒
排気量:998cc
最高出力:185ps/11500rpm
最大トルク:11.9kg-m/10000rpm
車両重量:205kg(装)

ページ上に戻る後継モデルへ>>

系譜図

K1/K2 2001年
GSX-R1000(K1/K2)
K3/K4 2003年
GSX-R1000(K3/K4)
K5/K6 2005年
GSX-R1000(K5/K6)
K7/K8 2007年
GSX-R1000(K7/K8)
K9/L0/L1 2009年
GSX-R1000(K9/L0/L1)
L2 2012年
GSX-R1000(L2)
L7 2017年
GSX-R1000/A/R(L7)

お知らせ|更新履歴

関連コンテンツ