GSX-R1000の系譜

GSX-R1000(K3/K4)-since 2003-

K3

初のモデルチェンジとなった二代目GSX-R1000のK3/K4

レースの四気筒レギュレーションが750ccから1000ccに拡大される事が決まり、レースベースの役割が750からこの1000に移ったことで1000のみのフルモデルチェンジとなりフレームが新設計されました。

顔がハヤブサに近いスズキらしいデザインに変わりました。K3以降のR1000のレイアウトを見てもこの両頬にラムエアの吸気口があってその間に細いヘッドライトっていうのは理に適ってるんだろうね。

K3フェイスデザイン

今ではすっかりスズキのアイデンティティとなりました。

でもそれより変わってるのがフレーム。より自由度が増す押出材によるツインスパーフレームに変更した事でエンジンを大幅に変えることなく肉厚増加で剛性をアップ。と言っても既にトップパフォーマーだった状況から更に4馬力上がってるんだけどね。

K3フレーム

更には他社に先駆けいち早くラジアルマウント式4POTキャリパーを採用。初代の時点で高い評価を得ていたのにこれだから向かう所敵なし。

2003color

結果としてレースにおいてライバル不在と言えるほど抜きん出た速さを誇り、一時の市販車レースにおいてはR1000のワンメイク状態に陥るまでに至り、国内外問わず最速の称号を欲しいままにしていました。

この頃のスズキは本当に速さを見た場合、独走状態だったんですよ。

エンジン:水冷4サイクルDOHC4気筒
排気量:988cc
最高出力:164ps/10800rpm
最大トルク:11.3kg-m/8400rpm
車両重量:168kg(乾)

ページ上に戻る後継モデルへ>>

系譜図

K1/K2 2001年
GSX-R1000(K1/K2)
K3/K4 2003年
GSX-R1000(K3/K4)
K5/K6 2005年
GSX-R1000(K5/K6)
K7/K8 2007年
GSX-R1000(K7/K8)
K9/L0/L1 2009年
GSX-R1000(K9/L0/L1)
L2 2012年
GSX-R1000(L2)
L7 2017年
GSX-R1000/A/R(L7)

お知らせ|更新履歴

関連コンテンツ