イントルーダー400/ブルバード400の系譜

イントルーダークラシック(VK54) -since 2001-

イントルーダークラシック400

コンセプトは「LONG, LOW & BASIC」

デスペラードの反省から再びイントルーダーに戻ったVK54。

造りはデスペラードの事もあってかリジット風のスイングアームにカバー付き正立フォークにシャフトドライブと非常にオーソドックスな造りに。

イントルーダーC800

先代イントルーダーと同じく車体を800と共有してるからトンデモなくデカい。このバイクを見て400だと思う人はまず居ないと思う。それくらいデカいし重厚感が凄い。

数字でいうと全長2.5mもある。隼より40cmも長い。ゴールドウィングより数センチ短いだけ。とても400とは思えない存在感。

多分そこがウケたんだろうね。スティードやドラッグスターほどの大ヒットとは言えないけどスズキクルーザーとしては唯一のヒット車と言っていい。

エンジン:水冷4サイクルSOHC二気筒
排気量:399cc
最高出力:33ps/7500rpm
最大トルク:3.4kg-m/6000rpm
車両重量:237kg(乾)

ページ上に戻る後継モデルへ>>

系譜図

VK51 1994年
イントルーダー400(VK51)
VK52 1996年
デスペラード400/X/ワインダー(VK52)
VK54 2001年
イントルーダークラシック400(VK54)
VK55 2005年
ブルバード400(VK55)
VK56|VK57 2008年
イントルーダークラシック(VK56)
ブルバード400(VK57)

お知らせ|更新履歴

関連コンテンツ