250ガンマの系譜

RGV-Γ250SP(VJ23A)-since 1996-

RGV250ΓVJ23

最後のガンマであり最後のレーサーレプリカであるVJ23は車名も一新してRGV-Γ250になりました。

規制で余命数年の命と告げられたレーサーレプリカは人気の低迷もあって、ホンダもヤマハもカラーチェンジでお茶を濁すだけという最早緩やかな死を待つ状態だった。

そんな中スズキだけはまさかの、本当にまさかのフルモデルチェンジ。

エンジンも新設計の70度Vツイン、フレームも新設計、着脱式セルスターターを採用しカウルデザインも新しいものに。そしてCALアーム。最初ガルアームと書いてましたがカルアームでしたすいません。

当然ながらブームは去っていたので売れてない。いくらスズキもそのくらいの事は簡単に予想できたはず。
それでも赤字覚悟・採算度外視で出してきた理由はレーサーレプリカを世に生み出した事へのケジメでしょうか。

ラッキーストライクカラー

結局これが最後のレーサーレプリカでした。

レーサーレプリカは「ガンマに始まり、ガンマに終わった」歴史でしたね。

エンジン:水冷2サイクルクランクケースリードバルブV型2気筒
排気量:249cc
最高出力:40ps/9500rpm
最大トルク:3.9kg-m/8000rpm
車両重量:134kg(乾)

ページ上に戻るトップへ戻る

関連コンテンツ