250ガンマの系譜

RGV250Γ/SP(VJ21)-since 1988-

RGV250ΓVJ21

TZRやNSRにお株を奪われたスズキだけど当然ただ指をくわえて見てるだけではなく次を見据えてた。

低速の弱さを補うためにAETC(Automatic Exhaust Timing Control)を採用した新設計のV型エンジン。
更にアルミツインスパーフレーム、外装も更にスラント化とほぼ全面維新となる。

車名もV型エンジンになったからRGV250γ

SP(レース仕様)はミッションのクロス化、インナーロッドのフロントフォーク、リザーバー別体式サスペンション、シングルシート、専用キャブ(後期のみ)となっている。

RGV250γエンジン

さらにスポンサーカラーとして有名なペプシカラーのガンマ。
今乗るとちょっと恥ずかしいかもしれないけど、後ろにいるRGV-Γと見比べてくれると分かるよう本当にレプリカだと言えるくらいソックリ。

pepsi

ココらへんが「レーサーレプリカ」と「スーパースポーツ」というカテゴリの違い。今のMotoGP(旧WGP)車両とSSは全然違いますもんね。

レースでの活躍と新設計V型エンジンの性能で文字通りV字回復し互角に戦えるレーサーレプリカとなった・・・んだけど販売台数は思うように伸びなかった。(いつの時代もホンダ天下は揺るがないね)

さらにVガンになってからは文字通り向いただけのネイキッドモデルであるウルフも発売。

ウルフ250

ただ当時はレーサーレプリカブームのまっただ中でネイキッド不遇の時代だったから必然のように不人気だった。
だからガンマがV22にモデルチェンジしてもウルフはずっとV21のまま。うーん何を見込んでウルフなんて出したんだろうね。(コブラはもっと酷かったけど)

エンジン:水冷2サイクルクランクケースリードバルブV型2気筒
排気量:249cc
最高出力:45ps/9500rpm
最大トルク:3.8kg-m/8000rpm
車両重量:128kg(乾)

ページ上に戻る後継モデルへ>>

関連コンテンツ