250ガンマの系譜

RG250Γ(GJ21A)-since 1983-

RG250GAMMA

さて、レーサーレプリカブームの火付け役と言っていいのか、諸悪の根源と言っていいのか分からないけど、歴史に残る程のバイクであるRG250Γ(ガンマ)

開発コンセプトは「ボーン・イン・ザ・サーキット」

Γ(ガンマ)というのはスズキが当時ワークス体制で参戦していたWGP(現motoGP)バイクの名称RG-Γが由来。

ちなみにRGはレーサーグランプリで、Γはギリシャ語で栄光を意味する「ゲライロ」の頭文字。まあつまり要するにレースで勝つバイクという意味。今で言うならGSV-R250みたいなもんで作りは完全にレーサーだった。

市販車初のアルミフレームに、カウルと言えばビキニカウルだった時代にフレームマウントのハーフフェアリング、後方に配置されたバックステップ、多段テーパーチャンバー、垂れたハンドルにトドメはクラス最高となる自主規制上限の45馬力のパラツインエンジン。

何もかもが前代未聞で公道を走れるレーサーが出たと大きく話題になった。これがレーサーレプリカの始まり。

しかしこれでよく認可が下りたなと思う。
というのも当時の運輸は騒音やガスには寛大だったがポジションについてはユッタリしか認めなかった。

GSX750-1100

前年デビューのGSX750S刀は1100のままだと認可が下りず認可を得るため後に耕うん機ハンドルと呼ばれる不格好な物に変更されてしまったんだけど何故かガンマは許された。

250だったから許されたのか、たまたまなのか理由は今となっては分からないけど結局これが皮切りになって各社追随する形に。
だからもしガンマも認可が下りなかったり大ヒットしてなかったりしてたら最悪レーサーレプリカが自体生まれてなかった。

話を戻すと初期型RG250ガンマの逸話として市販車初のアルミフレームの苦労がある。
当時まだ設備が間に合ってないのに加工が難しいアルミフレームなんて採用するもんだから手作業で曲げていた。販売したガンマ全て。

「ガンマを名乗るからには同じアルミフレームじゃないとダメだ!」と開発者が頑なに譲らなかったらしい。

見切り発車にも程があるがそれでもやり遂げたスズキは色んな意味で凄い。中小企業を自称するだけの事はある。

 

HBガンマ

翌84年にはそれが堪えたのか技術問題を解決したのかマルチタイプのアルミフレームに変更。
※写真はHB(ハーベー)カラー・アンダーカウルは初期型からOP設定。

更に吸気にEACS(なんとか・AIR・COOL・SYSTEM...忘れましたゴメンナサイ)、ブレーキがフロント対向4ポットキャリパー、リヤ対向2ポットキャリパーでDECA(ギリシャ語で10)キャリパーになり、カウルも若干スラント化された。

エンジン:水冷2サイクルパワーリードバルブ2気筒
排気量:247cc
最高出力:45ps/8500rpm
最大トルク:3.8kg-m/8000rpm
車両重量:131[127]kg(乾)
※[]内は84年式の二型

ページ上に戻る後継モデルへ>>

系譜図

RG250/E 1978年
RG250/E(GT250/2)
RG250Γ 1983年
RG250Γ(GJ21A)
RG250Γ 1985年
RG250Γ(GJ21B)
VJ21 1988年
RGV250Γ/SP(VJ21A)
VJ22 1990年
RGV250Γ/SP/SP2(VJ22A)
VJ23 1996年
RGV-Γ250SP(VJ23A)

お知らせ|更新履歴

関連コンテンツ