ZZR400/ZRX400の系譜

GPZ400R(ZX400D) -since 1985-

GPZ400R(ZX400D)

当時を知る人でこのバイクを知らない人は居ないでしょう。

Z400FXがそうだったように輸出仕様のGPZ600Rの弟分として1985年に登場したGPZ400R。久しぶりの直四400として人気が出たZ400FXに勝るとも劣らない人気となったモデルですね。

 

80年代のカワサキ車を代表すると言ってもいいGPZ400Rはデビューと同時に大ヒットを飛ばし85~86においてクラス別の販売台数で一位に輝いたわけですが、コレは引き下げている物を見れば分かる。

市販400としては初の水冷直四で馬力は自主規制上限の59馬力はもちろんの事、ロッカーアームの軽量化やピストンリングの軽薄化、そして何より600と共有なことから400とは思えない車格。

GPZ400Rが600のスケールダウン版にも関わらず成功したのはAL-X(アルクロス)と呼ばれる専用のフレームに積まれていたから。兄貴の600がスチール製なのに対しなんとアルミ。

アルクロスフレーム

「クラスを超越」って在り来りな謳い文句だけど、本当に兄より優れた400が誕生したわけです。

 

そしてもう一つGPZ400Rの成功要素を取り上げるとするならばその車体。

カワサキは"アンチレーサーレプリカ"を掲げていました。その意思が表れているのが大柄な車格とポジション。

GPZ400

シート部分が大きく抉られ、大きめのタンク。レーサーレプリカにありがちな窮屈なポジションではなく足付きも良好。しかし一方で59馬力の水冷直四を積んでいる。

つまりGPZ400Rは街乗りからツーリング、スポーツ走行に至るまでオールマイティに使える400スポーツツアラーとして成功したわけです。

GPZ400R最終型

その人気は本当に留まるところを知らず、後継として併売されるた次の次に紹介するGPX400Rの登場後もGPZ400Rを買う人が多かった。だから89年(ZX400D4)にはシリンダーヘッドや足回りをGPX400Rから引っ張って来て、もうどっちが先代でどっちが後継が分からないようなことにまでなる始末。

 

 

そして忘れちゃいけないのがGPZ400Rのネイキッドモデルとして半年遅れで登場したFX400R。

FX400R(ZX400D) -since 1985-

FX400R(ZX400D)

最初に言っていたZ400FXの再来として読んで字のごとくFXという名誉ある名を冠して出されたFX400R。

単にGPZ400Rのカウルを取っ払っただけと思うことなかれ。

エンジンこそGPZ400Rのものだけど専用のスチールフレームに搭載し、マフラーも4-1に変更。シートカウル周りも違うという結構色々と手が加えられてるストリート特化モデル。

ただまあ今でもなおGPZ400Rの影に隠れて語られる事が無い点からも察して欲しいんだけど、コッチは本当に売れなかった。

FXR

「これの一体どこがFXなんだ!Zの文字は何処にいったんだ!」

と、誹謗中傷の嵐。まあ確かになんでFXって付けちゃったんだとは思う。

 

89年には見直しが入って57馬力に変更。更に乗りやすくなったけど見向きもされなかった。CBR400Fの方は売れたのにね。

エンジン:水冷4サイクルDOHC4気筒
排気量:398cc
最高出力:59ps/12000rpm
最大トルク:3.6kg-m/10500rpm
車両重量:176[170]kg(乾)
※[]内はFX400R

ページ上に戻る次のモデルへ>>

系譜図

zx400d 1985年
GPZ400R/FX400R(ZX400D)
zl400a 1986年
エリミネーター400/LX/SE(ZL400A)
zx400f 1987年
GPX400R(ZX400F)
Zx400k/n 1990年
ZZR400(ZX400K/N)
ZR400E 1994年
ZRX/2(ZR400E)

お知らせ|更新履歴

関連コンテンツ