ZEPHYRの系譜

ZEPHYR(ZR400C) -since 1989-

ゼファー

開発コンセプト「扱い易く、バイクの楽しさを誰にでも味わえるマシン」
レーサーレプリカ全盛の中、カワサキが突如問い掛けるように発売したオーソドックススタイルネイキッド。

空冷2バルブエンジン46馬力と、現役どころか旧世代にも劣る性能のゼファー。
あの名車Z750RS(Z2)を髣髴とさせるそのスタイルや扱いやすい操縦性がライダー達の心を掴み、イケイケだったレプリカブームを一瞬で消し去り、ネイキッドブームを作り出したバイク。

川崎重工明石工場

カワサキは亜種的な存在としてこのバイクを出した訳ではない。

というもの「ZEPHYR(西風)」という名称は既にフォード社が所有してて使えなかった。しかしどうしても「ゼファー」と命名したかったカワサキは交渉の末、使用権を取得。

売れると決まったわけでは無いのにここまでするのは社運を賭けている証拠。
結果は周知の通り発売と同時に大ヒットを飛ばし、業績不振で撤退も囁かれていた川崎重工の二輪部門を救った救世主。

もしこのバイクが不振に終わっていたらカワサキは無くなっていたといっても過言じゃない。

エンジン:空冷4サイクルDOHC4気筒
排気量:399cc
最高出力:46ps/11000rpm
最大トルク:3.1kg-m/10500rpm
車両重量:181kg(乾)

ページ上に戻る後継モデルへ>>

系譜図

KZ400E 1979年
Z400FX(KZ400E)
Z400M 1982年
Z400GP(Z400M1)
ZX400A2 1983年
GPz400(ZX400A1)
ZX400A2/C1

1983年
GPz400F/F2(ZX400A2/C1)

ゼファー

1989年
ZEPHYR(ZR400C)

ゼファーχ

1996年
ZEPHYRχ(ZR400C)

お知らせ|更新履歴

関連コンテンツ