ZEPHYRの系譜

GPz400F/F2(ZX400A2/C1) -since 1983-

GPz400

今度は一年を待たずしてモデルチェンジし末尾にFがついた

馬力は3馬力アップし、車重は一気に9kg減とスポーツ性を高めたGPz400Fだが、加熱するスペック競争に空冷はあまりにも不利だった。 結局このモデルで空冷スポーツバイクのZ400は終止符を打ち、水冷となったGPZ400Rにバトンタッチする事になる。

翌年にはネイキッド層に答える形でカウルレスのF2も発売された。

GPz400F2

ちなみに間違えやすいが、GP「z」は空冷、逆に大文字のGP「Z」は水冷モデルとして区分表記されている。

この後、スペック比較レプリカブームに拍車が掛かり後継のゼファーが出るまで六年余り空冷ネイキッドは姿を消す事になる。

エンジン:空冷4サイクルDOHC4気筒
排気量:399cc
最高出力:54ps/11500rpm
最大トルク:3.5kg-m/9500rpm
車両重量:178kg(乾)

ページ上に戻る後継モデルへ>>

系譜図

KZ400E 1979年
Z400FX(KZ400E)
Z400M 1982年
Z400GP(Z400M1)
ZX400A2 1983年
GPz400(ZX400A1)
ZX400A2/C1

1983年
GPz400F/F2(ZX400A2/C1)

ゼファー

1989年
ZEPHYR(ZR400C)

ゼファーχ

1996年
ZEPHYRχ(ZR400C)

お知らせ|更新履歴

関連コンテンツ