Z1000/Ninja1000の系譜

Z1000(A1/A2) -since 1976-

Z1000A

Z1で大成功を収め、九死に一生を得たカワサキだったけどいつまでも順風満帆というわけも行かずライバルたちの追随で苦しい状況に陥ってた。

そこでカワサキは更なるパワーアップをするために排気量を1015ccまで上げて車名もZ1000に改めた。実はこれを見越してZ1のエンジンは作られてたから既定路線なんだけどね。

改良点はエンジンだけにとどまらずキャスター角や足回りなどにも及んでいるZ1の完成形ともいえるモデル。

メカニズム

ただ一つ挙げるとするならばマフラーが四本出しから二本出しに変わったことで迫力がないとか日本では言われました。

これはアメリカで巻き起こっていたヨシムラによる集合管ブームに合わせたものだったんだけど、当時の日本人にとってはマフラーの本数が多ければ多いほど偉い的な考えだったら受け入れられなかったんだね。だから国内向けのZ2の後継にあたるZ750FOURは敢えて4本出しのままでした。

カタログ写真

第一世代の空冷Z、ティアドロップタンクな事から「丸Z」と呼ばれるモデルはこのモデルまでになります。

エンジン:空冷4サイクルDOHC4気筒
排気量:1015cc
最高出力:83ps/8500rpm
最大トルク:8.1kg-m/6500rpm
車両重量:240kg(乾)

ページ上に戻る後継モデルへ>>

系譜図

Z1 1972年
900Super4(Z1/A/B)
Z900(A4)
Z1000A 1976年
Z1000(Z1000A1/2)
Z1-R 1977年
Z1-R/2(Z1000D)
Z1000MK2(Z1000A3~)
Z1000J 1981年
Z1000J(Z1000J)
Z1000R(Z1000R)
Z1100GP 1981年
Z1100GP(Z1100B)
Z1100R(Z1100R)
ZR1000A 2003年
Z1000(ZR1000A)
ZR1000B 2007年
Z1000(ZR1000B)
ZR1000D 2010年
Z1000(ZR1000D)
Ninja1000 2011年
Ninja1000(ZX1000G/H)
ZR1000L/M 2014年
Z1000(ZR1000F/G)
Ninja1000(ZX1000L/M)
ZX1000W 2017年
Z1000/R(ZR1000H/J)
Ninja1000(ZX1000W)

お知らせ|更新履歴

関連コンテンツ