Z1000/Ninja1000の系譜

Ninja1000/Z1000SX(ZX1000G/H) -since 2011-

Ninja1000

「パーソナルジェットファイター」

戦闘的なルックスが話題になってたZ1000の兄弟車として出てきたNinja1000(Z1000SX)

簡単に言うとZ1000のフルカウルバージョンなんだけどZ1000にただサイドカウルを付けただけではなくSSルックな外装に総取っ替え。

例えるならメーカー公認のバーハンSSって感じかな。これホントに上手いことやったよね。
「SS乗りたいけどポジションが・・・」

「SSに乗りたいけどサーキット行かないし・・・」

「SSを買ったけどやっぱりポジション辛い・・・」

こういう声は少なからずあった。

事実2010年頃からSS離れが世界的に加速してて、カワサキもSS離れを上記のような理由と考えた末のNinja1000なんだと思う。

だからターゲットはSS経験者やSS疲れを起こしたライダー。SSはシンドいけどスポーツ性は捨てたくない人にっていう実に上手い隙間産業。

Ninja1000白

ネイキッドベースのフルカウル自体はNinja1000より前からあったんだけど、Ninja1000がウケたのは可能な限りSSにデザインを近づけたから。

誰もNinja1000を見てもネイキッドにカウルを被せただけのバイクには見えないと思う。そう思わせるのは凝ったカウルの中でも顔の要素が大きい。

Ninja1000スクリーン

ライトを可能な限り低い位置に置き、スクリーンも立てない事でネイキッドベースのフルカウル車にありがちな腰高感を感じさせないようにしてる。だからスポーツツアラーなんだけどそのわりには思ったほど防風性はよろしくない。

「ツアラーなのにいくら何でもこの防風性はマズい」

ということで最大幅18度も変えられる可変スクリーンを急遽装備することになったそうで。

 

もちろん見た目だけじゃなくてエンジンもレスポンスをツアラーらしさを出すために見直されスプロケの丁数も変更。他にも厚みを増したシートや4Lもアップした逞しいタンク、タンデムや積載性を考えたグラブバー付きテール、それに各部ラバーマウントなどなどツアラーとして欠かせない要素はしっかり抑えてる。

 

そんな中でも面白いのがハンドル。

Ninja1000はZ1000のバーハンドルからセパレートハンドルに変更されハンドルの切れ角も2度ほど上がってるんですだけど、ハンドルを変えた割にはあまりポジションは変わってない。

ninja1000メーター

じゃあ何でわざわざセパハンにしたのかというと

「欧州人はフルカウル&バーハンを嫌うから」

なんだって。でもこれ日本でも言えるかもね。

エンジン:水冷4サイクルDOHC4気筒
排気量:1043c
最高出力:136ps/9000rpm
最大トルク:11.2kg-m/9600rpm
車両重量:228{231}kg(装)

ページ上に戻る後継モデルへ>>

系譜図

Z1 1972年
900Super4(Z1/A/B)
Z900(A4)
Z1000A 1976年
Z1000(Z1000A1/2)
Z1-R 1977年
Z1-R/2(Z1000D)
Z1000MK2(Z1000A3~)
Z1000J 1981年
Z1000J(Z1000J)
Z1000R(Z1000R)
Z1100GP 1981年
Z1100GP(Z1100B)
Z1100R(Z1100R)
ZR1000A 2003年
Z1000(ZR1000A)
ZR1000B 2007年
Z1000(ZR1000B)
ZR1000D 2010年
Z1000(ZR1000D)
Ninja1000 2011年
Ninja1000(ZX1000G/H)
ZR1000L/M 2014年
Z1000(ZR1000F/G)
Ninja1000(ZX1000L/M)
ZX1000W 2017年
Z1000/R(ZR1000H/J)
Ninja1000(ZX1000W)

お知らせ|更新履歴

関連コンテンツ