Ninja250の系譜

Z250SL(BR250E) -since 2016-

Z250SL

「スーパーライトウェイトZ」

Ninja250SLから一年遅れで国内販売が開始されたネイキッドバージョンのZ250SL

カウルが省かれてる分Ninja250SLより1kg軽い装備重量148kgに29馬力というシングルスポーツストファイ。

基本的な構造は先に紹介したNinja250SLと同じなので省略しますが、言い忘れていた事としてホイールベースがあります。

Z250SLホイールベース

このSLのホイールベース(前輪軸と後輪軸との距離)は1330mmしかありません。これは現存する250の中ではヤマハのトリッカーと並ぶ最短の長さ。同じネイキッドであるDUKEは1350mm、CB250Fは1380mm。いかに1330mmが短いかわかると思います。

 

ホイールベースが短いとどうなるのか簡単に説明すると、動きや取り回しが凄く機敏になる。もちろんデメリットもあって、ギャップを踏むと突き上げが凄いとか挙動に敏感とか。

要するに短距離走行なら短く、長距離走行なら長くという感じが基本。だからSLの凄く短いショートホイールベースはまあよくぞここまで縮めたなという思い切りの良さが現れてる箇所でもあるわけです。

フレーム

シングルということで当然といえば当然ですが、8000RPMまでは現存250の中において最速クラスの速さ。

 

なんか近年コストとの兼ね合いもありシングルスポーツ車が再び脚光を浴びつつありますね。グースとかSRXによってシングルスポーツの魔力に取り憑かれてしまった人達が喜んでそう。

 

そういうマニアックな人達のせい(じゃなくて影響)でシングルスポーツというと"玄人向け"とか"通好み"いうイメージを持っている人がいるかも知れませんが、そんなことはありませんよ。

シングルはバイクの基本形です。

面倒くさい上に表現が難しいので端的に話しますが・・・シングルは取り回しが軽いとのはご存知かと思いますが、それはジャイロ効果(姿勢を保とうとする力)が弱いという事が関係しています。

クランク

これはクランクが軽い(短い)事が要因で、どうなるかと言うとライダーの一挙手一投足がバイクの動きに大きく反映されるわけです。上で言った通りSLはかなりショートホイールベースだから尚の事。

 

つまりライダーの動き(アクセルワーク)次第でシングルスポーツというのは簡単にギクシャクもするし、突っ込んどいて早々にアクセルで曲がるといったマルチには真似のできないアグレッシブな走行が出来たりするわけで・・・って何が言いたいのか上手く纏められそうも無いので要約すると

オレンジ

シングルスポーツはライディングを非常に学べるということです。

いやまあ難しく捉える必要はないです。身体が自然と覚えますし、それにSLは軽い上に馬力あるからそんな事を考えて走らなくても十分速いですから。

エンジン:水冷4サイクルDOHC単気筒
排気量:249cc
最高出力:29ps/8200rpm
最大トルク:2.2kg-m/8200rpm
車両重量:148kg(装)

ページ上に戻るトップへ戻る

系譜図

Z250FT 1979年
Z250FT(KZ250A)
GPZ250BeltDrive 1983年
GPz250BeltDrive
(EX250C)
GPZ250R 1986年
GPZ250R(EX250E)
gpx250r

1988年
GPX250R/R2(EX250E)

ZZR250前期

1990年
ZZR250前期(EX250H)

ZZR250後期

2002年
ZZR250後期(EX250H)

Ninja250R

2008年
Ninja250R(EX250K)

newNinja250

2013年
Ninja250(EX250L)

Z250

2013年
Z250(ER250C)

ニンジャ250SL

2015年
Ninja250SL(BX250A)

Z250SL

2016年
Z250SL(BR250E)

お知らせ|更新履歴

関連コンテンツ