Ninja250の系譜

GPZ250R(EX250E) -since 1985-

GPZ250R

水冷DOHC&チェーンドライブ化し「R」を冠してきたGPZ250Rは43馬力というパラツインとは思えないスペックを引き下げ、押し寄せてくる競合車や主流になりつつあった四気筒に対抗した。

このエンジンが現在のNinja250Rまで続く水冷パラレルツインエンジンの出生になる。

鳩サブレ

・・・・・・売れなかった。 原因は見て分かる通りそのデザインにある。通称「鳩サブレ」

後にも先にもこれほど「カワサキっぽくない」バイクはそうそうない。GPZと冠しているが何処をどう見てもGPZには見えないのが実情。

 

エンジン:水冷4サイクルDOHC2気筒
排気量:248cc
最高出力:43ps/13000rpm
最大トルク:2.4kg-m/11000rpm
車両重量:138kg(乾)

ページ上に戻る後継モデルへ>>

系譜図

Z250FT 1979年
Z250FT(KZ250A)
GPZ250BeltDrive 1983年
GPz250BeltDrive
(EX250C)
GPZ250R 1986年
GPZ250R(EX250E)
gpx250r

1988年
GPX250R/R2(EX250E)

ZZR250前期

1990年
ZZR250前期(EX250H)

ZZR250後期

2002年
ZZR250後期(EX250H)

Ninja250R

2008年
Ninja250R(EX250K)

newNinja250

2013年
Ninja250(EX250L)

Z250

2013年
Z250(ER250C)

ニンジャ250SL

2015年
Ninja250SL(BX250A)

Z250SL

2016年
Z250SL(BR250E)

お知らせ|更新履歴

関連コンテンツ