Ninja250の系譜

Ninja250(EX250L) -since 2013-

Ninja250R

クラスを超越する性能とクオリティ

売れると見るやいなやライバルから競合車が出てくるのはバイクの歴史から見ても当然のこと。Ninja250Rのブレイクにより他社も競合車にあたる小排気量スポーツバイクを出してきた。

こうなってくると先に出ていたNinja250Rは分が悪い。年数の経過により売上も落ちていき、限定カラーなどでテコ入れをし凌ぐという状態。それを打開するために大きくフルモデルチェンジされました。

2013Ninja250R Ninja250R全色

もうSSルックというかZX-10Rの流れを汲むどっからどうみてもNinjaな見た目に。

250ccクラスは高いと売れない、かと言って安っぽいと更に売れないマイナーなカテゴリにおいて予算を割く事はギャンブルに近い。誰もFMC期待していなかったから発表された時は新型の話題で持ち切り。

小忍メカニズム

面白いのが初出になるヒートマネジメント技術。これはラジエーターからの熱がフレームやコクピット周りに伝わるのを防ぎ、夏でも快適に乗れるらしい。

2015年モデルからはスリッパークラッチを搭載しました。

「250でスリッパークラッチなんて要らんだろ・・・」

って思ってる人も多いと思います。でもスリッパークラッチって急激なホッピングを防ぐだけじゃなく発進時もサポートしてくれるんです。

だから”アシスト”&スリッパークラッチ。これ豆知識になるかな?と思ったのでトリビア「スリッパークラッチに対する誤解」に載せましたので興味ある方はどうぞ。

エンジン:水冷4サイクルDOHC2気筒
排気量:248cc
最高出力:31ps/11000rpm
最大トルク:2.1kg-m/8500rpm
装備重量:172kg/174kg(ABS)

ページ上に戻る併売モデルへ>>

系譜図

Z250FT 1979年
Z250FT(KZ250A)
GPZ250BeltDrive 1983年
GPz250BeltDrive
(EX250C)
GPZ250R 1986年
GPZ250R(EX250E)
gpx250r

1988年
GPX250R/R2(EX250E)

ZZR250前期

1990年
ZZR250前期(EX250H)

ZZR250後期

2002年
ZZR250後期(EX250H)

Ninja250R

2008年
Ninja250R(EX250K)

newNinja250

2013年
Ninja250(EX250L)

Z250

2013年
Z250(ER250C)

ニンジャ250SL

2015年
Ninja250SL(BX250A)

Z250SL

2016年
Z250SL(BR250E)

お知らせ|更新履歴

関連コンテンツ