エストレヤの系譜

メグロ ジュニアシリーズ -since 1950-

メグロジュニアS3

日本車初となる250ccのオートバイがメグロのジュニアシリーズ。

リジッドのJから始まり、J2、S1~8/SGと続いた目黒製作所にとって500に次ぐ成功を収めたモデル。

今でこそ250と言えばエントリークラスや小排気量クラスと言われるけど当時は250でも十分に大排気量のビッグバイクでした。ちなみに上の写真はジュニアシリーズの中でも人気が高かったS3モデル。

kawasaki

そんな目黒製作所はホンダやヤマハやスズキなどの後発メーカーの快進撃により経営が傾き、ビッグバイクのノウハウを欲しがっていたカワサキに買収されカワサキ傘下となったわけです。

しかしカワサキもこの250シリーズは大事に思っていたようで、最後にメグロと名前を付けられたバイクもこの250SGでした。見て分かる通りエストレヤのデザインベースですね。

更に少しメグロジュニアの話をすると、ジュニアSシリーズの中でも特にSGTと呼ばれるモデルはクラシカル路線だったメグロらしからぬスポーツルックモデルでした。

メグロ250SGT

どうしてそれまでのクラシックスタイルを捨て、スポーツモデルにしたというとコレもホンダを始めとした後発メーカーがスポーツモデルを打ち出しヒットしていたからです。

カワサキもメグロもあの手この手で色々やったんだけど結局人気が回復することはなく、カワサキに完全に吸収される形で名前も無くなりました。

まあライバルに比べ価格が高かったってのも大きかったかな。

 

 

エンジン:空冷4サイクルOHV単気筒
排気量:249cc
最高出力:17ps/7000rpm
最大トルク:1.9kg-m/5500rpm
車両重量:162kg(乾)

ページ上に戻る次のモデルへ>>

系譜図

BJ250B 1950年
メグロ ジュニアシリーズ
BJ250B 1992年
エストレヤ(BJ250B)
BJ250C 1995年
エストレヤカスタム/RSカスタム
(BJ250C/D/E/G/H)
BJ250F 2002年
250TR(BJ250F)
BJ250K 2007年
250TR(BJ250K)
BJ250J 2007年
エストレヤ(BJ250J)
BJ250L 2014年
エストレヤ(BJ250L)

お知らせ|更新履歴

関連コンテンツ