エストレヤの系譜

エストレヤ (BJ250J) -since 2007-

エストレヤBJ250J

250TRと同じようにFI化されたエストレヤのFIモデル。モデルの一本化で実質的にRSの一択になりました。厳密に言うと先代エストレヤの生産終了から少しだけブランクがありました。

さて、SR400やST250EもそうですがクラシックにとってFIというのは最大の敵というかハードルなわけです。何故ならFI化するということはバイクを電脳化しないといけないから。

そしてもう一つ、それは振動。

空冷シングルというのは(Vツインなんかもそうだけど)振動も大事な要素なわけです。

本当はメーカーもドコドコ言わせたい。でも五月蝿いと規制に通らない。そういったジレンマというか難問も抱えてるわけです。

2011年式エストレヤ

幸い、エストレヤは今時珍しいバーチカル(垂直)エンジンなのでかなり残せてる方です。

ルックスの方もシリンダー周りが少し変わったものの全体的なシルエットは変えなかった。キャブトンマフラーもそのまま。

この”変えずに変える”ってのが難しいんだよねえ。評価も注目もされないし。

2014年モデルメーター

細かいことを言うとメーターがタコメーターまで付いた二眼タイプになり、ウィンカースイッチがプッシュキャンセル式に。さらにイラズラ防止機能付きイグニッションスイッチにシート形状も見直されて座り心地が向上しました。

エンジン:空冷4サイクルOHC単気筒
排気量:249cc
最高出力:20ps/7500rpm
最大トルク:2.0kg-m/6000rpm
車両重量:146kg(乾)

ページ上に戻る次のモデルへ>>

系譜図

BJ250B 1950年
メグロ ジュニアシリーズ
BJ250B 1992年
エストレヤ(BJ250B)
BJ250C 1995年
エストレヤカスタム/RSカスタム
(BJ250C/D/E/G/H)
BJ250F 2002年
250TR(BJ250F)
BJ250K 2007年
250TR(BJ250K)
BJ250J 2007年
エストレヤ(BJ250J)
BJ250L 2014年
エストレヤ(BJ250L)

お知らせ|更新履歴

関連コンテンツ