エストレヤの系譜

250TR (BJ250F) -since 2002-

250TRキャブモデル

コンセプトは「フリースタイル」

高まるストリートブームに応える形で出たスクランブラーエストレヤこと250TR。いや復刻と言ったほうが正しいか。

知らない人も多いだろうけど250TRというバイクはずっと昔に存在してました。

その名は250TRバイソン

250TRバイソン

1970年に登場した2stオフローダー。

当時クラス最高の23馬力を発揮する凄いバイクだったんだけど、"バイソン"という名前が既に他の自動車メーカーに使われていた為に一年限りでバイソンというペットネームを取り上げられちゃったっていう可哀想なやつ。

ちなみにこの新世代の250TRはエストレヤのエンジンを使ってるわけだけど、スタイリングを際立たせるためにエンジンのメッキをやめてブラックアウト化。

更に実はホイールもインチアップした専用品にこれまた専用設計のキャラメルブロックタイヤを履かせてるっていう、実はこれまた結構お金とコダワリが入ってるモデルだったりする。

エンジン:空冷4サイクルOHC単気筒
排気量:249cc
最高出力:19ps/7500rpm
最大トルク:1.8kg-m/6000rpm
車両重量:134kg(乾)

ページ上に戻る次のモデルへ>>

系譜図

BJ250B 1950年
メグロ ジュニアシリーズ
BJ250B 1992年
エストレヤ(BJ250B)
BJ250C 1995年
エストレヤカスタム/RSカスタム
(BJ250C/D/E/G/H)
BJ250F 2002年
250TR(BJ250F)
BJ250K 2007年
250TR(BJ250K)
BJ250J 2007年
エストレヤ(BJ250J)
BJ250L 2014年
エストレヤ(BJ250L)

お知らせ|更新履歴

関連コンテンツ