エストレヤの系譜

エストレヤカスタム/RSカスタム
(BJ250C/D/E/G/H) -since 1995-

エストレヤBJ250D

二代目にあたるエストレヤ。

グレード分けが少しややこしくて、ノーマルとRSというグレード、そしてそれぞれにカスタムモデルが随時追加された。見た目の違いとしてはリアサスのリザーバータンクが無くなってよりシンプル化。

そしてRSモデルというのは簡単に言うとハンドルを少し下げてタンデムシートまで一体になったモデル。

思ってたより売れない事に対するテコ入れだったわけですが、これが成功しました。いやというか取り回しの良さやクオリティがジワジワと評価されて人気が出たのもあるんですけどね。

エストレヤRSカスタム

起死回生となったのは上のRSモデルで採用されたタンデムシートまで一体化されたロングシートが出たから。更に翌年の96年にはフォークブーツとドラムブレーキを採用したカスタムモデルがノーマルとRSどちらにも設定されたって更に人気が出たってわけ。

ディスクブレーキからドラムブレーキに退化といえばSRの専売特許だと思ってたけどエストレヤも同じ手法を使ってたんだね。

エストレヤカスタム

でもロングシートよりセパレートタイプの方が味があって良いと思うんだけどな・・・でも無くなったって事は人気なかったんだろうな。不便だしね。

エンジン:空冷4サイクルOHC単気筒
排気量:249cc
最高出力:20ps/7500rpm
最大トルク:2.1kg-m/6000rpm
車両重量:142kg(乾)

ページ上に戻る次のモデルへ>>

系譜図

BJ250B 1950年
メグロ ジュニアシリーズ
BJ250B 1992年
エストレヤ(BJ250B)
BJ250C 1995年
エストレヤカスタム/RSカスタム
(BJ250C/D/E/G/H)
BJ250F 2002年
250TR(BJ250F)
BJ250K 2007年
250TR(BJ250K)
BJ250J 2007年
エストレヤ(BJ250J)
BJ250L 2014年
エストレヤ(BJ250L)

お知らせ|更新履歴

関連コンテンツ