VTRの系譜

VT250F(MC08前期) -since 1982-

MC08前期

VTRの系譜を紐解いていくと行き着くのがこのVT250F(MC08)だ。
実は250ccとしては世界初のVツインエンジンで、CBR250より歴史は長い。

ホンダは当時4stで2stに勝つという目標を掲げていたんだけど、有言実行とは正にこの事で35馬力149kgと2st勢に引けを取らない超高性能250ccスポーツ。

VT250F

400ccの廉価版だったそれまでのイメージを覆し、250ccスポーツを一気に加熱させた。ホンダも売れると確信していたのか年間36000台生産と超強気。

フレームも足回りも新設計、スペックは2st250と同等で、4stなぶん2stより扱いやすいとなれば売れるのは必然か。

INTEGRA

翌年にはフルカウルバージョンのVT250F INTEGRAも発売された。

エンジン:水冷4サイクルDOHC2気筒
排気量:248cc
最高出力:35ps/11000rpm
最大トルク:2.2kg-m/10000rpm
車両重量:149kg

ページ上に戻る後継モデルへ>>

系譜図

VT250F 1982年
VT250F(MC08前期)
MC08後期 1984年
VT250F/Z(MC08後期)
MC15 1986年
VT250F/Z(MC15)
MC20 1988年
VT250SPADA(MC20)
MC25 1991年
XELVIS (MC25)
BA-MC33前期 1997年
VTR (BA-MC33前期)
BA-MC33後期 2002年
VTR (BA-MC33後期)
JBK-MC33前期 2009年
VTR (JBK-MC33前期)
JBK-MC33後期 2013年
VTR (JBK-MC33現行)

お知らせ|更新履歴

関連コンテンツ