VFRの系譜

VFR750R(RC30) -since 1987-

honda RC30

「RVFのフィロソフィ」

今でも伝説として語り継がれるVFR750R(RC30)。

 

もう30年以上前のバイクなので何がどう伝説なのか知らない人も多いでしょうからそこら辺も含めて紹介していきたいと思います。分けようか考えたんですがホンダばかりページを増やすと怒られるので続けていきます。

このバイクが生まれる事となったのはファクトリーマシンではなく今でも行われている市販車(スーパースポーツ)で行う世界レースSBKがキッカケ。

ホンダはこれまでもRVF750というファクトリーマシンで数々の功績を上げてきていました。しかしこれはファクトリーマシン(HRC製)なのでSBKには参戦できない。

HRC RVF

そこでRVF750(写真上)の市販バージョンを作ろうとなったわけです。

ホモロゲマシン(レース前提の市販車)といえばそれまでなんだけど、RC30の場合そのホモロゲの域を越えているから伝説になっているんです。

FRPカウルにチタンコンロッドにクロームモリブデン浸炭鋼製のカムシャフトに専用の360度クランクなど市販車としては有り得ない贅沢の限りを尽くしてるわけですが、こうなるまでの経緯も伝説の一つ。

RC30エンジン

元々RC30の計画は

「ファクトリーマシンRVFを"模した"市販車」

という計画だった。要するに見た目だけRVFなV4バイクを作れという事です。

ところが開発主査の本多さんが出してくる予算要求が有り得ないほどの高額だった。

これは本多さんが模しただけのRVFを作りたくなかったから。会社の予算や意向を完全に無視したわけです・・・・だから営業サイドの逆鱗に触れる事となりRC30は一度開発にストップが掛けられました。

補足しておくと、ホンダは主査・責任者(LPL)といっても"開発" "生産" "販売"とそれぞれ居る独特な形態を敷いています。だから開発のLPLと言えど生産や販売のLPLから駄目と言われればそれまでなんです。

RC30

それでも諦めきれなかった本多さんは仲間内でこっそり開発を押し進め、見通しが立ったところで当時の本田技研社長だった川本さん(後の本田技研工業四代目社長)をエレベーターで待ち伏せて直訴。

「予算(許可)が下りなくて困ってる」

と、一従業員が社長に直談判したわけです。

本多さんのその熱い思いを聞いた社長は

「それでいい、思うようにやれ」

とRC30のプロジェクトにお墨付きを与えたというわけ。営業サイドは面白くなかったでしょうね。本当にドラマみたいな展開。

イラスト

社長のお墨付きという武器を手に、終いにはライン生産ではなく全てハンドメイド生産というやりたい放題の結果、148万円という当初の予定の二倍近い高額車になりました。

ただレース側の人間やレースを知る人からすると破格ともいえる車体価格。限定1000台ながらそれを大幅に超える注文が入り抽選となりました。

 

そしてもう一つ大事なのがレースです。

そもそもRC30はSBK(市販車世界レース)で勝つために作られたのが発端。

SBK/RC30

結果がどうだったかというと・・・当然ながら優勝。VFR750R/RC30はSBK初代王者ついでに翌1989年の第二回も優勝という戦績を収めました。

 

そんな伝説だらけのRC30ですが、素人目で見ても分かる技術者の拘りがあります。それはマフラーレイアウト。

カタログ

この片持ちスイングアームはレースにおいてタイヤ交換をスピーディーに出来るというメリットが有る。でもこれはレースに限っての話。

VFR750Rは(一応)市販車だから関係ないんだけど同じレイアウトをしている。これは実はとっても凄いこと。

何故かというと市販車だから当然ながら厳しい騒音規制がある。測定方法はマフラーのエンドバッフル(排気が出てくる所)から。だからチェーンドライブの場合、チェーンと同じ方向に持ってくるとチェーンのノイズも拾われて騒音が大きくなってしまうからメーカーは先ず絶対と言っていいほど「右出し」にする。

それなのにどうしてRC30は不利な左出しに拘ったのかというと

VFR750R

「左出しにしたほうがプロアームが栄えるから」

・・・そりゃ営業サイドから門前払いを食らうわけですよ。

 

そんな好き勝手に作られたRC30ですが、何故これほどまで本多さんがRC30に拘ったのか。

単にエンジニアとしての自己満足的を満たす為ではありません。RC30を作るに辺り掲げていたコンセプトがあります。それは

VFR750Rカタログ

「ワークス(HRC製RVF)に勝てる市販車」

模するどころか再現すら通り越し"勝ちに行く"というコンセプト。

結果としてその狙い通りRC30で参戦するプライベーターたちは年を追う毎に増えていきました。

 

エンジン:水冷4サイクルDOHC4気筒
排気量:748cc
最高出力:77[130]ps/9500rpm
最大トルク:7.1kg-m/7000rpm
車両重量:180kg(乾)

ページ上に戻る後継モデルへ>>

系譜図

VF750S/M 1982年
VF750
セイバー/マグナ
(RC07/RC09)
VF750F 1982年
VF750F(RC15)
VF1000R 1984年
VF1000F/R(SC16)
VFR750F 1986年
VFR750F(RC24)
VFR750R 1987年
VFR750R(RC30)
RC36 1990年
VFR750F(RC36)
RVF 1994年
RVF(RC45)
VFR前期 1998年
VFR(RC46前期)
VFR800 2002年
VFR(RC46後期)
VFR1200F 2010年
VFR1200F(SC63)
VFR1200X 2012年
VFR1200X (SC70)
VFR800F 2014年
VFR800F/X
(RC79/RC80)

お知らせ|更新履歴

関連コンテンツ