VFRの系譜

VFR750F(RC24) -since 1986-

RC24

「パフォーマンス アート」

VFRの系譜において大きなターニングポイントとなったVFR750F/RC24。

RC24デザインスケッチ

それはVF750Fでも述べた通りV4はジェントル過ぎるとしてスーパースポーツ層には余りウケなかった。ただしその一方でツアラー層にはウケた。この事からエンジンのクランク角を360度から180度へ変更しました。

※しつこいですがV4のクランク角についてはVFR400R(NC30)と重複してしまうのでそちらを読んで下さい。

VFR750F

点火タイミングが等間隔に近い180度にしたことで、どこまで回してもブロローという二気筒のような排気サウンドからデロデロ・・・ブオーンと高回転になると直四に近いサウンドになるエンジンに変わったわけですね。

とはいうものの、85年の世界耐久レース&TT-F1の二冠を達成したRVFの公道モデルというポジションは変わらなかったので、アルミツインチューブフレームにカムギアトレインと相変わらず贅沢な作り。更に車重も乾燥重量で200kgを切るライトウェイトさ。

VFR750Fトリコロールカラー

そんなスペックを持っている一方ポジションは優しく、サーキットもツーリングも熟せる。つまり万能V4という現代まで続くVFRのコンセプトの始まりのモデル。

ただ残念なことにこれまた先のVF750Fで述べた通り、日本では余り受け入れられなかったので僅か二年間のみの販売で終わっています。

VFR白バイ

その分と言ったらアレだけど、白バイとして多く採用されましたね。厳密にいうとこれはVFR750P/RC35といって、このVFR750F/RC24の後に設計されてる別のバイク。

取締用や警備用といったバリエーションがあり、98年まで年次改良が繰り返されました。

「VFR=白バイ」という歴史もこのモデルから。もうこの型はほとんど見ないけどね。

エンジン:水冷4サイクルDOHC4気筒
排気量:748cc
最高出力:105{77}ps/10500{9500}rpm
最大トルク:7.8{6.5}kg-m/10500{7500}rpm
車両重量:199kg(乾)
※{}内は国内仕様

ページ上に戻る後継モデルへ>>

系譜図

VF750S/M 1982年
VF750
セイバー/マグナ
(RC07/RC09)
VF750F 1982年
VF750F(RC15)
VF1000R 1984年
VF1000F/R(SC16)
VFR750F 1986年
VFR750F(RC24)
VFR750R 1987年
VFR750R(RC30)
RC36 1990年
VFR750F(RC36)
RVF 1994年
RVF(RC45)
VFR前期 1998年
VFR(RC46前期)
VFR800 2002年
VFR(RC46後期)
VFR1200F 2010年
VFR1200F(SC63)
VFR1200X 2012年
VFR1200X (SC70)
VFR800F 2014年
VFR800F/X
(RC79/RC80)

お知らせ|更新履歴

関連コンテンツ