VFRの系譜

VF750F(RC15) -since 1982-

VF750F

「何故スーパースポーツではなくスポーツツアラーなんだ」という声が上がったセイバー&マグナから半年後に登場した本命のV4スーパースポーツのVF750F

業界初の角型断面スチール製ブルクレードルフレーム、クラス初軽量ブーメラン型オールアルミコムスターホイル。
そしてシャフトドライブからチェーンドライブへの変更。
そしてそして何より違うのはフレームから飛び出していたエンジンが抑えられてる。

V4スーパースポーツ

まさに待ちに待ったスーパースポーツで(本命後出しは若干卑怯な気もするが)、巷で一躍話題になった・・・けど長続きはしなかった。

CB750Fでお馴染みのスペンサーさんを乗せ替えさせてまでレースに出場してたんだけど、CB750Fに比べると人気は芳しくなかったんですね。
結局どんどん販売台数も尻すぼみになっていき、短い天下で終わってしまった。

VF750R

何故この様な結果になってしまったのか?
ホンダの分析を端的に纏めると

「エキサイティングさや感性が直四に比べ弱かった」

との事。

これがどういう事かというと、V4に乗ったことがある人は分かると思うけど、直四が回せば回すだけエンジンノイズや排気音とスピードが比例していくのに対し、V4はどこまで回してもフラット。
現代で言えば不等爆のR1を思い浮かべれば想像が付くかと。速いんだけど音とスピードが比例していない。要するにジェントル過ぎたといったところ。

この頃のホンダは「時代はV4!」と考え、市販車もV4主体で行く計画だったけど、市場の反応から方向転換を余儀なくされる事になる。

もし当時のライダー達が直四フィールよりV4フィールを取ってたら、今頃はCBR1000RRではなくRVF1000RRになってた可能性は凄く高い。

エンジン:水冷4サイクルDOHC4気筒
排気量:748cc
最高出力:72ps/9500rpm
最大トルク:6.1kg-m/7500rpm
車両重量:218kg(乾)

ページ上に戻る後継モデルへ>>

系譜図

VF750S/M 1982年
VF750セイバー/マグナ(RC07/RC09)
VF750F 1982年
VF750F(RC15)
VF1000R 1984年
VF1000F/R(SC16)
VFR750F 1986年
VFR750F(RC24)
VFR750R 1987年
VFR750R(RC30)
RC36 1990年
VFR750F(RC36)
NR 1992年
NR(RC40)
RVF 1994年
RVF(RC45)
VFR前期 1998年
VFR(RC46前期)
VFR800 2002年
VFR(RC46後期)
VFR1200F 2010年
VFR1200F(SC63)
VFR1200X 2012年
VFR-X Crosstourer(RC60/SC70)
VFR800F 2014年
VFR800F(RC79)
VFR800X 2014年
VFR800X(RC80)

お知らせ|更新履歴

関連コンテンツ