VFRの系譜

VF750セイバー&マグナ(RC07/RC09) -since 1982-

VF750

水冷V4バイクとして世界初、あと地味だけど油圧クラッチもこのVF750が世界初。キャストホイールもホンダとしては初と初尽くめなF750SABREとVF750MAGNA。
海外名はV45-SabreとMAGNA。何故V45なのかというと、このV型エンジンの総排気量がおよそ45立方インチだから。

ラジエーター下から突き出てるエンジンが特徴的だけど、V4市販化には並々ならぬ苦労があったみたい。


以下は開発主査でCBR1100XXまで第一線で活躍された山中勲氏のコメント

””世界ではじめてのV4開発はあらゆることが難しかった。
一開発者の我々までが『本田宗一郎が築いた世界一の座を守りとおしてみせる』との思いで開発に取り組んでいたのだから、当時の危機感は相当なものだったといえよう””

その危機感はV4エンジンを見れば伝わってくる。

V4エンジン

そもそも何故V4を発売したかというと各社直四が出揃いマンネリ化した事からの差別化の為で、ホンダだけはレースにおいても直四で活躍していたのをわざわざNR500というV4エンジンに変えた。

その経緯から近いうちにホンダからV4エンジンのバイクが出るのは誰の目にも明らかだった。

VF750SABRE

で、出た最初のV4バイクがVF750SABRE:通称「サブレ」(当時はまだ英語がポピュラーじゃなかったのでそのままサブレと呼ぶ人多数)
正直CB750Fの後釜スポーツバイクを待っていたライダーからは肩透かしを食らった気分だっただろう。
エンジンこそ超ハイメカでパワーも直四のCB750Fと肩を並べるが、電子制御やシャフトドライブなどの快適装備を採用しスポーツツアラー的な立ち位置。

VF750MAGNA

で、同時発売のマグナはクルーザー。

知らない人の為に説明するとマグナ発祥はこのV45なんですよ。マグナといえばV4。

だから一般的に知られてるマグナは「Vツイン」マグナもしくはマグナ「50」と名称が付いてるでしょ?
まあ実際そっちのほうが人気だったし最後まで生き残ったんですどね・・・

エンジン:水冷4サイクルDOHC4気筒
排気量:748cc
最高出力:72ps/9500rpm
最大トルク:6.1kg-m/7500rpm
車両重量:224kg(乾)

ページ上に戻る後継モデルへ>>

系譜図

VF750S/M 1982年
VF750セイバー/マグナ(RC07/RC09)
VF750F 1982年
VF750F(RC15)
VF1000R 1984年
VF1000F/R(SC16)
VFR750F 1986年
VFR750F(RC24)
VFR750R 1987年
VFR750R(RC30)
RC36 1990年
VFR750F(RC36)
NR 1992年
NR(RC40)
RVF 1994年
RVF(RC45)
VFR前期 1998年
VFR(RC46前期)
VFR800 2002年
VFR(RC46後期)
VFR1200F 2010年
VFR1200F(SC63)
VFR1200X 2012年
VFR-X Crosstourer(RC60/SC70)
VFR800F 2014年
VFR800F(RC79)
VFR800X 2014年
VFR800X(RC80)

お知らせ|更新履歴

関連コンテンツ