VFRの系譜

VF1000F(SC16) -since 1984-

SC16

「EXPLORING THE OUTER KIMITS」

どちらかというと派生モデルに近いVF750Fの海外モデル版となるVF1000F。

先に言った700cc以上の関税が撤廃された事で出されたフルスケールの長男坊。デザインベースは三男700で日本で売られていた次男坊750と違うから違和感を覚える人も多いかもしれない。

まあこのバイクはアメリカ向けだから当たり前なんだけど、そのアメリカでは"待ってました"と言わんが如くの人気を読んだVF。

VF750F

翌年の1985年にはフルカウルになりライトがデュアルヘッドになったVF1000F2へモデルチェンジ。この時INTERCEPTORという名前からCBでお馴染みBOL D'ORへと変更され一度消えました。

VF1000F2

フロントホイールが18インチになっている事を見てもツアラー寄りでそのイメージ(耐久レース)を表したかったんでしょうね。

VF1000Fは日本にほとんど入って来ていないモデルなので知る人ぞ知るバイクで見ることも無いでしょう。ただ開発者の齋藤さんは出来に惚れ込んで愛車にしたんだとか。

 

VF1000R(SC16) -since 1984-

V4スーパースポーツ

コッチは結構有名であろうホモロゲーションモデルであり、RS1000RW(市販前提のファクトリーレーサー)のレプリカでもあるVF1000R。

少し前に出たCB1100Rというバイクでホモロゲーションモデルの後継モデル。伝家の宝刀カムギアトレーンを採用したレース前提車両で当時の値段で250万円という高級車。コレクションモデルではなくレーサー向け車両ということで台数も300台とかなり少ない。

VF1000Rデザイン

ところが不運なことにVF1000Rが出た年にレースのレギュレーションが上限1000ccから750ccに変更されてしまったことで参加することすら出来ずに終わった幻のホモロゲだったりします。

レースに出れないレースマシンを買うレーサーが居るはずもなく、高価だった事もあり人気こそあれどセールスも苦戦。結局1年ちょっとで販売終了となりました。

VF1000Rカタログ

世界レースの為に生まれてきたのに結局参加できずに終わった悲しきV4。

もしもこれが世界レースに出ていたらV4の歴史も変わっていたと思う。

エンジン:水冷4サイクルDOHC4気筒
排気量:998cc
最高出力:116{122}ps/10000{10500}rpm
最大トルク:9.0{9.4}kg-m/7500{8000}rpm
車両重量:233{238}kg(乾)
※{}内はRモデル

ページ上に戻る後継モデルへ>>

系譜図

VF750S/M 1982年
VF750
セイバー/マグナ
(RC07/RC09)
VF750F 1982年
VF750F(RC15)
VF1000R 1984年
VF1000F/R(SC16)
VFR750F 1986年
VFR750F(RC24)
VFR750R 1987年
VFR750R(RC30)
RC36 1990年
VFR750F(RC36)
RVF 1994年
RVF(RC45)
VFR前期 1998年
VFR(RC46前期)
VFR800 2002年
VFR(RC46後期)
VFR1200F 2010年
VFR1200F(SC63)
VFR1200X 2012年
VFR1200X (SC70)
VFR800F 2014年
VFR800F/X
(RC79/RC80)

お知らせ|更新履歴

関連コンテンツ