VFRの系譜

NR(RC40) -since 1992-

NR

世界初楕円ピストンエンジンを積んだバブルを代表するバイク

外装はカーボン、マグネシウムホイール、専用アルミモノコックフレーム等など・・・実は楕円ピストンの開発終了まで楕円ピストンだと言う事は極秘だった。

NR750

ホンダは当時WGP(現MotoGP)において「4stで2stに勝つ」という目標を掲げていたんだけどレギュレーション上4stが不利だったのもあって思うように結果が出てなかった。(2stのNS500は勝ってた)

レギュレーション上、四気筒までという制約があったので多気筒化も無理。そんな中で開発されたのが楕円ピストンによるV4・32バルブエンジンだった。理論上は倍のV8エンジン並になる。

楕円ピストン

どうすれば2stに負けないエンジンが出来るか開発者が考えながら車で帰っている時、道路の信号機を見て「これだ!」と閃いたらしい。
1ピストン8バルブ2コンロッドというトンデモエンジンの完成。

楕円ピストンエンジン

元々この楕円ピストンのNRはレースでNR500・NR750としてレースに出場していて、市販のNRはその約二年後。でも残念ながらNR500もNR750も理論上は速かったものの、レースではトラブルが相次ぎ活躍できていなかった。

記念として市販が決まったNRも発売を控えてバブルが崩壊し限定300台とはいえ520万円という値段の高さから完売することが出来ず売れ残るという、お世辞にも輝かしい歴史ではなかった。

開発者も「プレミアム感を出し高くしすぎた価格設定は今でも後悔してる」と漏らしてる。

RHEOS RC-3

ちなみにコチラはオプションだったNR専用フルフェイスヘルメットのRC-3。お値段驚きの288000円。

エンジン:水冷4サイクルDOHC4気筒
排気量:748cc
最高出力:125{77}ps/14000{11500}rpm
最大トルク:7.0{5.4}kg-m/11500{9000}rpm
車両重量:225kg(乾)
※{}内は国内仕様

ページ上に戻る後継モデルへ>>

系譜図

VF750S/M 1982年
VF750セイバー/マグナ(RC07/RC09)
VF750F 1982年
VF750F(RC15)
VF1000R 1984年
VF1000F/R(SC16)
VFR750F 1986年
VFR750F(RC24)
VFR750R 1987年
VFR750R(RC30)
RC36 1990年
VFR750F(RC36)
NR 1992年
NR(RC40)
RVF 1994年
RVF(RC45)
VFR前期 1998年
VFR(RC46前期)
VFR800 2002年
VFR(RC46後期)
VFR1200F 2010年
VFR1200F(SC63)
VFR1200X 2012年
VFR-X Crosstourer(RC60/SC70)
VFR800F 2014年
VFR800F(RC79)
VFR800X 2014年
VFR800X(RC80)

お知らせ|更新履歴

関連コンテンツ