NSR250の系譜

NSR250R/SP(MC18) -since 1987-

MC18

NSR250Rの中でも「最速のNSR250R(88年式)」と言われるのがこの二代目のMC18通称ハチハチ
というのもスピードリミッターが付いていないモデルはここまでだから。(後期の89年式からは付いてる)

ガンマの系譜でもTZRの系譜でも言うのを忘れてましたが、スペックまで読んで下さっている人でレーサーレプリカ時代を知らない人は「みんな45馬力じゃん」って思われるかもしません。
でもこの頃のレーサーレプリカのスペックは逆サバが当たり前だったんです。例えばこのMC18は実際は60馬力ほど。

だから現代のスーパースポーツと違ってスペックシートでは判断できず、レースでの成績や口コミが判断材料という状況でした。まさしく実力史上主義ですね。

1988NSR250R

さらにスピードリミッターも付いてないなんて今だったら国からお叱りを受ける様な事を、優等生と名高いホンダまでやってたというだけでも如何に激しい時代だったかが垣間見えると思います。

まあ結局この傍若無人な行いのせいで「三ない運動」などが起こってバイク離れが進んじゃったんですけどね。

NSR250R SP

話を戻して・・・(写真はNSRの定番カラーとも言えるロスマンズカラーを纏ったマグホイール標準装着の初代SPモデル)

個人的にNSR250Rがレーサーレプリカと言うカテゴリにおいて不動の地位を確立したのはこのMC18があったからだと思う。

それはMC18が凄いというわけではなくわずか一年でモデルチェンジをしたということ。
(いやPGM-2や五角面スイングアーム、更に翌年の後期にはスラントノーズ化にフレーム一新にPGMRC・PGMI-2と凄いんだけどね)

MC18カタログ

最速の座を手に入れてもなお進化し続ける姿勢はホンダのレーサーレプリカに対する熱意の現れで、「レーサーレプリカ=NSR250R」というイメージを定着させるに至ったと思う。

慢心は敵ってことですね。

エンジン:水冷2サイクルケースリードバルブV型二気筒
排気量:249cc
最高出力:45ps/9500rpm
最大トルク:3.8kg-m/8500rpm
車両重量:127kg(乾)

ページ上に戻る後継モデルへ>>

系譜図

MVX250F 1983年
MVX250F(MC09)
NS250R/F 1984年
NS250R/F(MC11)
MC16 1986年
NSR250R(MC16)
MC18 1987年
NSR250R/SP(MC18)
MC21 1990年
NSR250R/SE/SP(MC21)
MC28 1993年
NSR250R/SE/SP(MC28)

お知らせ|更新履歴

関連コンテンツ