モンキーの系譜

モンキーZ100(非売品) -since 1961-

MONKEY Z100

モンキーの原型になるモンキーZ100
比較的有名な逸話だけど元々モンキーは遊園地のアトラクションで子供達にバイクの楽しさを知ってもらおうと作ったのが始まり。

しかし子供用アトラクション遊具とはいうものの、折りたたみ式ハンドルに前後ブレーキに加え三速ミッションと正にモンキー。
それもそのはず、このZ100はオマケ程度に作ったわけではなく社内の企画競争で勝ち抜いたバイクなのだ。

MONKEY-Z100

当時すでに国内外で絶大な支持を得ていたカブのエンジンを使って、可能な限り小さいバイクを作ってみようと若い技術者達が考え作り上げた。

そして翌年のモーターショーの余ったスペースにチョコンと置いてたら国外の人たちの目に止まり物凄い反響をよんだ。
結果的にこれが40年以上も続くモンキーというバイクを生むキッカケとなった。

エンジン:空冷4サイクルOHV単気筒
排気量:49cc
最高出力:4.3ps/8500rpm
最大トルク:0.33kg-m/8000rpm
車両重量:未発表

ページ上に戻る後継モデルへ>>

系譜図

Z100 1961年
モンキー Z100(試作非売品)
輸出向けMONKEY 1963年
モンキー(CZ100)
Z50M 1967年
モンキー(Z50M)
Z50A 1969年
モンキー (Z50A/Z)
4Lモンキー 1974年
4Lモンキー(Z50J~)
6Vモンキー 1978年
6Vモンキー(Z50Jz-1~)
12Vモンキー 1992年
12Vモンキー(Z50JN-7J~)
インジェクションモンキー 2009年
フューエルインジェクションモンキー (Z50J9-YA~)

お知らせ|更新履歴

関連コンテンツ