ゴールドウィングの系譜

ワルキューレ/ツアラー(SC34) -since 1996-

Valkyrie

ネイキッドモデルだったSTDがGL1500で無くなって早八年が過ぎた頃、突如登場したネイキッド・・・というよりアメリカンなワルキューレ。

開発コンセプトは「SPIRIT OF THE PHOENIX」

規格は勿論HAM(ホンダオブアメリカマニュファクチャリング)で米名はGL1500CまたはF6C

F Flat
6 6Cylinder
C Custom

ちなみにヴァルキリーは英語読みで、ヴァルキューレはドイツ語読み。

日本人は「ゔぁ」の発音が苦手なので自然とヴァがワになってワルキューレとして認知されるようになった。
フォルクスヴァーゲン→フォルクスワーゲンやエヴァンゲリオン→エバンゲリオンもそうですね・・・ってどうでもいいか。

ホンダの公式では「ワルキューレ」だけど、オーナーの間では敢えてヴァルキリーと言ったりするらしいです・・・これもどうでもいいですね。

さてこのワルキューレはそれまであったSTDモデルとは違って大元のGLが完全にクルーザーとなったため専用のボディを用意された。

f6cエンジン

それに伴いキャブも6キャブに変更されたんだけど、一番の特徴というか拘りはエキゾーストパイプ。

上のイラストや写真で見ると6-4-2に見えるけど、実は6-6で一切集合していない。

これは排気音をより強調するためなんだけど見た目はあくまで2本出し。

ゴールドウイングとは真逆の方向性でニクい演出ですね。

6本出し

2000年には大型スクリーンとサイドパニアケースの付いたワルキューレツアラーが登場。
晩年にはポリッシュ加工が施されました。

GL1000からの歴史を見れば、ある意味GLの本流はこっちとも言えますね。

エンジン:水冷4サイクルOHC2バルブ水平対向6気筒
排気量:1520cc
最高出力:100ps/6000rpm
最大トルク:13.5kg-m/4500rpm
車両重量:319kg(乾)

ページ上に戻る後継モデルへ>>

系譜図

GL1000GW 1974年
GL1000 GOLDWING
GOLDWING1200 1980年
GL1100 GOLDWING
Interstate/Aspencade(SC02)
GL1200

1984年
GL1200 GOLDWING
Interstate/Aspencade(SC14)

GOLDWING-SE 1988年
ゴールドウイングSE(SC22)
GOLDWING-SE 1996年
ワルキューレ/ツアラー(SC34)
SC47 2001年
ゴールドウイング(SC47)
SC47 2004年
ワルキューレ ルーン/NRX1800(SC53)
SC68 2011年
ゴールドウイング(SC68)
F6B 2013年
ゴールドウイング F6B(SC68)
F6c 2014年
ゴールドウイング F6C(SC68)

お知らせ|更新履歴

関連コンテンツ